「闘争心と性欲はつながる」 古閑美保、女子アスリートの性欲について熱弁!

3月9日(月)18時0分 メンズサイゾー

 元プロゴルファーの古閑美保(32歳)が、7日放送のバラエティー『ミレニアムズ』(フジテレビ系)に出演。女性アスリートの性欲について持論を展開した。


 南海キャンディーズ山里亮太(37)、オードリーウーマンラッシュアワーなどの2000年にコンビを結成した"ミレニアムズ"たちがコントや大喜利を繰り広げる同番組に古閑は春日俊彰(36)がスナックのママに扮する人気コーナー「カスママの店」に登場。店の常連客として居座る山里、若林正恭(36)、村本大輔(39)とともにトークを披露した。


 スタジオセットに現れた古閑は開口一番「あまり飲んでいないが遊びは控えない」とコメント。春日から「最近どうなの?」と聞かれたことへの返事だったが、山里らは「遊びは控えない」という言葉に即座に反応して「お酒で一夜の過ちとかはあるの?」といきなり下世話な話題を投げかける。しかし古閑はそんな質問に対しても「1年半彼氏がいないけど過ちとかはない」「ちゃんと相手を選んでいる」と余裕の返事。初対面で連絡先を聞かれてもマネジャーと交換させていると説明し、ガードの固いところをアピールした。古閑いわく、お金目当ての男性が言い寄ってくることも多く、そのため警戒心は怠らないとのことだった。


 しかし古閑は「昔は好きであればヒモ男でもよかった」とも発言。過去に面倒を見ていた男性もいたようで「恥をかかせたくないから、彼が飲みに行くときなどには1〜2万円渡していた」と明かし、150万円のバッグをプレゼントしたこともあるという。賞金女王ならではの古閑の恋愛観が披露されると山里らは驚きの表情を見せていたが、若林は「売れる前はヒモになりたかった...」と告白。かつて古閑と交際していた男性を羨ましいと呟いていた。


 そんなヒモトークが展開する中、村本が「でも女性アスリートって性欲強いんでしょう?」とポツリ。女性スポーツ選手のヒモになったとしても夜が大変そうだと感想をもらす。その村本の言葉に古閑は即座に反応して「確かに女性アスリートは性欲が強い」と発言。「一概には言えないですけども、理論的にいうと女性が戦うというのは男性ホルモンなんですね。闘争心というのは性欲とつながるんですよ。(だから性欲は)強い。強いです。だって戦ってるんですよ。闘争心バリバリ出してますから」と力説したのだった。


 まるで女性アスリートは性欲の塊のような言葉だが、古閑は「女性は理性があるから止められます。男性は理性がないから止められない」とも弁明。自らはきっちりとタイミングを考えてセックスをしていたようで、試合前などには「(夜の)7時とか8時に済ませてから寝る」ことにしていたと語った。ちなみに古閑によると「男性ゴルファーは、(前日にセックスをすると)右に行くって言いますね。球が」とのこと。理由はわからないとしながらも、ゴルフの試合でやけに右に飛んでいる選手がいたら前日かなり激しいセックスをした可能性があると持論を展開した。


「アスリートのパフォーマンスとセックスの関係性についてはさまざまな説があり、本番の前日に性行為をしたほうがいいとか、しないほうがいいとかは言い切れないのが現状です。ただ、今回の番組で古閑さんが言っていた男性ホルモンは"テストステロン"と呼ばれるもので、それが分泌されると筋力アップや闘争心を促す作用があることがわかっています。このテストステロンは性欲とも深い関係があると言われており、古閑さんの『女性アスリートは性欲が強い』という発言はあながち的外れではないでしょう。まあ、前日にセックスをした男性ゴルファーは右に飛ばしがちというのは都市伝説的なものだと思いますけど...。


 6日発売の『フライデー』(講談社)には大リーグのテキサス・レンジャーズに所属するダルビッシュ有投手(28)の"ベッド写真"が掲載されていましたが、その記事の中には試合前には『射精を控える』という記述がありましたね。記事によるとダルビッシュは、女性と肉体関係になっても登板が近ければ『ムリヤリ射精を抑えたままコトを抑える』というのです。この記事がどこまで真に迫っているかはわかりませんが、昨年行われたサッカーのワールドカップでは、ロシア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、チリ、メキシコの代表が大会期間中の選手のセックスを禁止することを公にして、いずれの国も予選を勝ち抜き決勝トーナメントへ進んでいます。まだまだ研究の余地はあるでしょうがセックスと選手のパフォーマンスには相互関係があるように思われます」(スポーツ系ライター)


 番組で古閑自身はセックスをした次の日は「むしろキレがいい」と満面の笑顔で話していた。やはりセックスと運動能力の発揮には、かなり個人差があるのだろう。これまで数々の男性と熱愛疑惑が報じられてきた古閑だが、賞金女王に輝いた2008年は素晴らしい恋愛をしていたのかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

「古閑美保」をもっと詳しく

「古閑美保」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ