性活動を記録するウエアラブル端末の活動量計に注目が集まり始める

3月9日(月)10時0分 メンズサイゾー

 昨今のランニングブームにより、フィットネスの情報などをトラッキング(記録)しスマートフォンと連動するウェアラブル端末の活動量計が広く普及している。


 種類はリストバンド型や腕時計型、イヤホン型などさまざまで、最近は歩数やカロリー消費だけでなく、寝ている間の睡眠パターンを記録するものまで。まさに、一人の人間の24時間・365日の行動の記録がすべて詰まった装置といえる。


 いや、すべてではない。これまでは人間のある重要な"運動"に関しては記録されていなかった。それは、セックス。


 実は昨年頃から、このセックスをトラッキングするウェアラブルの分野に注目が集まり始めている。


 まず、昨年の夏にプロトタイプがお披露目されたのが、セックス関連商品を販売するイギリスのBondara社による「SexFit」。いわゆるセックス・トイとして使用されるコックリングにトラッキング機能を追加したもので、セックス中のカロリー消費や1分間におけるピストンの回数などを記録する他、目標を達成するとバイブで知らせてくれる機能も。よくあるコックリングのように男性器の根元を締め付ける機能はないが、バイブ機能がついており、セックス中に女性を楽しませることができるようだ。


 そして、今年の春から話題を集めているのが、スペインのスマートフォンメーカーのGeeksPhone社が発表した腕時計型のウェアラブル端末「Geeksme」。こちらもまだプロトタイプの段階だが、先ほどのSexFitがあくまでセックス・トイの延長上に開発されたものであるのに対し、Geeksmeは有機ELディスプレイと12個の2色LEDを備えた、アルミニウム製の高級スマートウォッチだ。


 歩数やカロリー消費、睡眠の記録の他、スマートフォンと連動して電話やメールを通知で知らせる機能、そして日々の行動のエコロジカル・フットプリント(行動が環境に対してどれだけの負荷を与えているか)を測定する機能まであるというが、これに加えて、セックス・トラッキング機能もあるというから驚きだ。


 こちらはSexFitのようにイチモツにつけるわけではないのでピストンの回数までは分からないものの、日・週・月単位でのセックスの回数、セックスの時間と消費カロリーを測定・記録する。


 ただ、セックスを記録するには手動で「セックス・モード」に切り替えるという手間があるのが玉にキズ。いいムードになってきたところで、「あっちょっと待って」と言ってモードを切り替えるのも野暮だ。


 また、他の活動量計のようにフィットネスにおいて達成した数値をSNSでシェアできる機能があるが、セックスの数値についてはシェアされないのでご安心を。


 開発を担当したディレクターはその意図を、イギリスの「ミラー」紙(ウェブ版)に対し次のように語っている。


「わたしたちは、皆さんに自分の日々の行動についてより知ってもらうためにこれを開発しました。他人に自慢するためではありません」


 ちなみに、このGeeksPhone社は、米のつく某国の政府ですら盗み見るのが難しいとされる究極のセキュリティ・スマートフォン、「Blackphone」を開発した会社としても知られているから、セキュリティ面での安全性は折り紙付きだろう(恐らく)。


 まあ、筆者の場合、セックスの情報が知られることより、そもそも最近セックスできていないことの方が深刻なのだが...。


 SexFitの販売時期は未定だが、Geeksmeは今年の6月に発売予定とのことだ。
(文=ツジエダサト)

メンズサイゾー

「ウエアラブル端末」をもっと詳しく

「ウエアラブル端末」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ