おかげでした「最後のコント」で伊藤英明が予想外の躍動

3月9日(金)15時30分 まいじつ


(C)まいじつ



3月8日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)でレギュラー放送では最後のコントが繰り広げられた。コントのゲストには渡辺満里奈伊藤英明宮沢りえが出演したのだが、そのなかでも伊藤のなりふり構わぬ役どころに視聴者の注目が集まった。


【関連】 「みなさんのおかげでした」ADが綾野剛と小栗旬に暴言 ほか


コントはドラマ『北の国から』シリーズを模した『したの国から』というタイトル。純を木梨憲武、五郎を石橋貴明、蛍は渡辺が演じた。伊藤は“英明役”として出演し、「とんねるずと一緒にコントするのが夢だったんだよ」、「きょうは日帰り(で強行ロケ)」など“とんねるず愛”を口にしながら終始石橋と同様に黒板五郎の真似をし続けた。


伊藤は狩猟用の銃で石橋に撃ち殺される形でコントの出番を終える予定だったが、木梨から一斗缶やスリッパで殴られ続け、口にはおびただしい量の血のペイントを付けたまま死にゆく様子は、これまでのドラマや映画で見せてきた姿とはほど遠かった。



宮沢は最終回が近くなり「強行出演」


宮沢はコントの中盤に、黒板家を訪れる形で登場。「賞をいっぱい取ってるのに、こんなコントに出て大丈夫なのかな」と驚くふりをする純(木梨)に向かって宮沢は「いいのいいの。事務所はいい顔をしていなかったけれど…」と、同番組に最終回が近づいていることで”無茶ぶりのオファー”を受けたことを暗に明かしていた。


伊藤は最後に「もう終わっちゃうんだなあ」と残念そうに本音をこぼし、宮沢と渡辺も過去の出演を懐かしそうに振り返りながらスタッフ全員と記念写真に収まり、番組は終了した。


この日の放送中には、ツイッターにコントに関連したツイートが多く投稿された。



《なんで伊藤英明さん出てんだよ!笑 確かにとんねるずとコント出来るのは嬉しいよなぁ》

《「俺、とんねるずとコントやるのが夢だったんだよ」と五郎のマネで伊藤が叫んだのに笑った》

《伊藤英明、日帰りしてまでとんねるずのコントに出たかったんだ》

《伊藤英明…なにやってんだよ!笑》

《伊藤英明のはっちゃけぶりが最高やった》

《伊藤英明の無駄遣いだ》



このコントのなかでは、二枚目俳優を演じ続ける伊藤の面影はどこにもなかった。



まいじつ

「コント」をもっと詳しく

「コント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ