フジテレビが「フリー女子アナ」大幅カットへ

3月9日(金)10時30分 まいじつ


(C)まいじつ



長期にわたって視聴率の不振が続いているフジテレビが、フリーアナウンサーの起用取りやめに奔走している。その筆頭が加藤綾子の番組終了だ。


【関連】 加藤綾子「スポーツLIFE HERO’S」終了で正念場 ほか


「3月いっぱいで加藤がMCを務める『スポーツLIFE HERO’S』は終了し、4月から新たなスポーツニュース番組『SPARK』が始まります。これは昨年社長に就任した宮内正喜氏の意向です。亀山千広前社長が辞める加藤のためにHERO’Sという番組を作ったのですが、宮内社長になってからは番組終了する方向になっていきました。視聴率も2%前後と低迷していました」(フジテレビ関係者)


加藤だけではなく、ほかのフリーアナも次々と降板に追い込まれている。


「朝の情報番組『めざましテレビ』を中心に、どんどんフリーアナの出番を減らしています。出番が増えているフリーアナはいません」(同・関係者)



加藤以外のフリーアナも続々と降板


めざましテレビから出番を奪われているのが岡副麻希だ。“黒ギャル”と呼ばれ、日焼けした肌がめざましテレビで人気を博したが、現在は週に1度放送の『めざましどようび』で見掛ける程度になっている。また“ペコちゃん顔”で人気の高見侑里も、平日早朝放送の『めざましテレビ アクア』に出演していたが、いまはめざましどようびの出演のみだ。


「めざましどようびは先ごろ、局アナの宮澤智アナが4月7日からメインキャスターを務めると発表されました。現メインキャスターでフリーアナの長野美郷も経費削減の対象になったのです。今後もフリーアナは行き場を失い、続々と降板させられるはずです」(同・関係者)


気が付けば、フジテレビは人気のあるなしにかかわらず、“めざまし関係”に続々と局所属のアナウンサーを投入している。


「以前のフジテレビだったら、局アナよりも人気のあるフリーアナを重宝していたはずです。貧すれば鈍するではないですが、経費削減のため局アナをフル活用するなんて貧相な発想です」(テレビ雑誌編集者)


視聴率よりコストカットが重視されているようだ。



まいじつ

「フジテレビ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「フジテレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ