次世代VRゲーミングをさらに面白くする“VRスーツ”に期待大!

3月9日(水)16時0分 おたぽる

「Nullspace VR」公式サイトより。

写真を拡大

 本格的に幕を開けた次世代VRゲーミングだが、バーチャルな演出が映像や音響だけでなく“感触”にも及んでいる点はまさに“次世代”に相応しい。今春以降に賑やかになるVRゲームをさらに面白くするもののひとつに“VRスーツ”がある。


■ゲームの世界を体感できる“VRスーツ”

 本格的なVRゲーミング時代の到来を前に、米・ロチェスター大学の開発チームが考案した“VRスーツ”が「Nullspace VR」だ。この画期的なガジェットで、研究者たちが目指しているのは“コントローラを持たないゲーム体験”である。

 初代プレイステーションやNINTENDO64の時代から、すでにコントローラには振動機能が備わっているが、ゲーム中のこの演出をもっと複雑にして臨場感を高め、両手と上半身全体でゲームの世界の“感触”をバーチャルに味わえるのが、このNullspace VRである。本体は上半身を覆うスーツと両手のグローブで構成されており、胸部、腹部、肩、腕、手にそれぞれ独立して動く振動パッドを計32個装備。この振動によって、ゲームのVR空間の中の物体に触れたり、身にふりかかる出来事を“体感”できるのである。

 モーターの振動は3種類に変化させることができ、スーツの35ヵ所の部位に独立した刺激を与えることで、演出できる“感触”は127種類にものぼるということだ。また8つのセンサーを備えており、ジェスチャーを用いたコマンド入力も可能だ。

 このNullspace VRを装備してVR空間でドッジボールをプレイすれば、ボールを胸に受け止めた時の感触が味わえ、戦争ゲームでは近く落ちた爆弾の爆風に晒される体験が再現できる。もちろんボクシングなどの格闘ゲームも臨場感たっぷりに味わえるだろう。

 現状ではこのNullspace VRを装備して楽しめるゲームはまだないのだが、開発チームはゲームデベロッパー向けに、ゲームとスーツを統合する開発用APIを公式サイトで無料公開している。実際に“体感”できるようになるのは少し先の話になりそうだが、このNullspace VRが今後のVRゲーミングをますます盛り上げる機器であることは間違いなさそうだ。


■空手の稽古やPTSD治療にも応用可能

 Nullspace VRの開発の基礎となるのがハプティクス(haptics)と呼ぶ人間の触覚に訴える技術である。ハプティクスはビデオゲームなどでの活用はもちろん、教材用シミュレータ開発や、遠隔操作技術開発にも大きな貢献が期待されている技術だ。

 開発チームの創設者であるモーガン・シンコ氏は、ゲーム好きな兄であっても、マイクロソフトのKinect for Xbox 360をあまりうまく扱えていないのを目撃して、このNullspace VRの開発を思いついた。そして大学内でメンバーを募って開発チームを結成してNullspace VRの実現に向けた取り組みを開始。そしてインテルが主催する大学生デザインコンペ「Intel-Cornell Cup in 2014」に初出場し、連続出場した「Intel-Cornell Cup in 2015」では見事3位に輝いた。同じく同年のマイクロソフト主催の「Imagine Cup」にも出場してこちらではファイナリストに名を連ねている。

 一方、開発チームのビジネスマネジャーであるルシアン・コープランド氏は、このNullspace VRは、VRがひとつの明確なプラットホームになるためのステップになると考えている。そして例えば映画『マトリックス』の武術の訓練シーンのようなバーチャル空間で、Nullspace VRを装備して空手の稽古をしたりすることなどを思い描いているという。

 チームの技術リーダーのジョーダン・ブロックス氏は、また違った理由で胸を躍らせている。なんと、このNullspace VRの開発で培った彼らのハプティスク技術が、アメリカ合衆国退役軍人省の目に留まり、帰還兵が苛まれている心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に、役立てられる道が開けてきたからだ。かなり意外な展開と言えるが、どういう道に転がるのかわからないところもまた最新技術ならではの醍醐味なのだろう。

 現在開発チームはより完成度の高いプロトタイプを作るため、2回目の開発サイクルに着手しているという。ゲーム以外での可能性も大きく膨らむNullspace VRの動向に目が離せそうもない。
(文/仲田しんじ)


【参考】

・Intel iQ
http://iq.intel.co.uk/this-nullspace-suit-lets-you-experience-vr-with-touchy-feely-haptic-feedback/

・「Nullspace VR」公式サイト
http://nullspacevr.com/

おたぽる

「スーツ」をもっと詳しく

「スーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ