森永卓郎 橋下市長の給与削減策は「生贄を作ること」と指摘

3月9日(金)16時0分 NEWSポストセブン

 ビートたけし櫻井よしこ森永卓郎勝谷誠彦吉田豪、山田美保子…など、様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する『メルマガNEWSポストセブン』。3月9日に配信された6号では、森永卓郎氏が橋下徹・大阪市長が実施しようとしている、市職員の給与引き下げについて意見を投げかける。ここでは、その一部を紹介する。


 * * *

 大阪市のホームページによると、平成24年度の給与・手当カット後の年収は行政職が639万円、技能労務職が578万円だ。行政職の方が年収は1割も高い。問題の民間給与だが、平成20年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、大阪府の企業規模10人以上の平均年収は534万円に過ぎない。大阪市の行政職の平均年収はカット後でも、民間の平均より22%も高いのだ。ちなみに規模5〜9人の大阪府企業の平均年収は417万円だから、ここから考えれば、大阪市の行政職は、民間よりはるかに高い年収をもらっていることになる。


 ところが、橋下市長は行政職の思い切った給与削減には出ない。平成24年度の年収削減率は平均で4.8%に過ぎないのだ。それなのに橋下市長は市議会で、職員の給与カットについて「国が2年かけてやろうとしている水準を、わずか2カ月で実現してくれた。職員と職員組合には敬意を表したい」と絶賛しているのだ。


 これは一体何を意味するのだろうか。理由は三つあると思う。一つ目の理由は、行政職を敵に回したくないということだろう。自分の行政を支えてくれる行政職の反感は買いたくないが、現業職員を敵に回しても、何の問題もないということだ。そして、二つ目の理由は、生贄を作ることだ。4割近い年収カットというのは、働く人からみたら恐怖以外のなにものでもない。生活そのものが崩壊してしまう。それを横目でみたら、行政職の職員は、自分たちがそうならないように、市長の言うことを何でも聞くようになるだろう。そして三つ目の理由は、最初に大きな数字を示しておいて、後で緩和してやるということだ。例えば4割カットと最初に言っておいて、3割カットで勘弁してやれば、バス運転手は「橋下市長のおかげで1割も給料を上げてもらえた」と感じてしまう。弁護士がよく使う交渉術だ。


※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』6号で読めます。


『メルマガNEWSポストセブン』

NEWSポストセブン

「森永卓郎」をもっと詳しく

「森永卓郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ