東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に

3月9日(金)16時0分 NEWSポストセブン

見事に王冠形に復原された東京駅の屋根部分

写真を拡大

 東京駅の“復原”工事が大詰めを迎えている。


 大正3年に開業した東京駅は、南北に王冠型の屋根を戴いた3階建ての荘厳な建物だったが、昭和20年に東京大空襲で被災。戦後の復旧工事では、被害が大きかった3階部分は取り壊され2階建てに、屋根は八角形へと改造され、平成19年に復原工事が始まるまで、応急処置されたままだったのである。


 復元でなく復原なのは、JR東日本によると「後世の修理で改造された部分を原型に戻すから」だという。


 2月末には、丸の内駅舎の改札やみどりの窓口など施設の一部使用も始まった。昔の形に戻すという、“アフター”とも“ビフォー”ともいえる工事は10月に終了する。


「駅舎内の延べ床面積は2倍以上に拡大され、ギャラリー、スパや宴会場を備えたホテルもオープンする予定です」(JR東日本)


“駅的大改造”が楽しみだ。


撮影■太田真三


※週刊ポスト2012年3月16日号

NEWSポストセブン

「改造」をもっと詳しく

「改造」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ