大塚愛、初の警察官姿に自虐「弱そう」「ダメそう」「倒れそう」

3月9日(木)10時51分 Techinsight

警察官役で出演する大塚愛(出典:https://www.instagram.com/aiotsuka_official)

写真を拡大

9日に放送されるフジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』に、主題歌を歌う歌手の大塚愛がゲスト出演する。演技を披露するのは2006年に公開された映画『東京フレンズ』以来11年ぶりという彼女、自身のInstagramに役柄である婦人警官姿を投稿すると、「かわいすぎる」「逮捕されたい」と多くのファンから絶賛の声が届いた。

大塚愛は8日、自身のInstagramを更新。この日発表された“ドラマ出演”の報道を受けて役柄である婦人警官姿を披露し、「大塚、転職するってよ」とコメントした。

彼女が出演するのは、自身が主題歌を担当しているフジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』。大塚が映像作品に出演するのは、2006年に公開された映画『東京フレンズ The Movie』以来約11年ぶりのことだ。『東京フレンズ』ではバンドのボーカル役という自身と共通点のある役どころだったが、今回は“婦人警官”という全くの異業種だ。

主演の香里奈から直々にオファーを受けたという大塚だが、「#こんな人がちらついたら」「#トイレタイム」と久しぶりの演技には少々自虐的。「#弱そう」「#ダメそう」「#倒れそう」と揶揄する一方で、フォロワーからは「かわいすぎる」「似合いすぎ」「逮捕されたい」となかなか好評を博している。

当初は「木や電柱の役を望んでいた」という大塚愛。願い通りの出演とはならなかったが、ファンからは「OA楽しみ」「絶対見ます」との声があがっており、大塚の久しぶりの演技が待ち遠しいようだ。

出典:https://www.instagram.com/aiotsuka_official

Techinsight

「大塚愛」をもっと詳しく

「大塚愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ