新田真剣佑ら、高校生と一緒にギネス世界記録を達成 鈴木伸之「みんな、やりました!」

3月9日(火)7時12分 エンタメOVO

(左から)鈴木伸之、新田真剣佑、山崎紘菜

写真を拡大

 映画『ブレイブ −群青戦記−』の“青春全部懸けてギネス世界記録に挑め!イベント”が8日、東京都内で行われ、出演者の新田真剣佑鈴木伸之山崎紘菜が出席した。

 本作は、ある日突然、戦国時代にタイムスリップしてしまったスポーツ名門校の高校生たちが、生き残りを懸けて闘う様子を描く。

 イベントでは、全国各地のスポーツ強豪校から125人の高校生アスリートがリモートで集結。キャスト3人と共に、「オンラインで同時に紙かぶとをかぶった最多人数」のギネス世界記録に挑戦した。

 「1分間に最も多く箸でキャッチしたマシュマロの数」で、ギネス世界記録を保持しているという鈴木は、開始前に「世界記録保持者から一つアドバイスするとしたら、そんな簡単なものじゃない。これは難しいですから」と語った。

 予行練習でふざける生徒が現れると、鈴木が「そんな甘いものじゃないですよ。とにかく心を一つにしましょう」と呼び掛け、山崎も「うちのキャプテンが怒るよ」と続いた。

 結果は、122人でギネス世界記録を見事達成。鈴木が「みんな、やりました!」と喜ぶと、公式認定証を受け取った新田は「よくテレビでは見ていたんですが、目の前にある。すごい。うれしいです」と目を輝かせた。

 また、高校生からの質問に答えるコーナーで、「高校時代にやっておいて良かったことは?」と尋ねられた新田は、「英語と日本語を両方しゃべれること。そのアドバンテージには、すごく親に感謝しています」と回答した。

 映画は3月12日から公開。

エンタメOVO

「高校」をもっと詳しく

「高校」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ