橋本環奈、天使すぎる美少女が急激に巨乳化! メディア露出急増で「むっちり論争」が再燃

3月10日(金)19時0分 メンズサイゾー

 女優でアイドルの橋本環奈(18)のメディア露出が急増している。Sexy Zoneの佐藤勝利(20)とダブル主演を務める映画『ハルチカ』が公開され、その宣伝を兼ねてバラエティ出演が増加。さらにイメージキャラクターを担当するソフトキャンディ「ぷっちょ」の新CMが話題になるなど活動が本格化。それをきっかけにファンの間で彼女の成長をめぐる「むっちり論争」が再燃している。


 これまで橋本は地元・福岡の高校に通いながら芸能活動をしていたため、東京での仕事は基本的に拘束時間の少ない活動に限定されていた。しかし、3月の高校卒業に伴って「女優一本」で頑張っていくことを明言。所属する福岡のアイドルグループ「Rev. from DVL」も3月いっぱいで解散することが決定しており、今後はソロで幅広い活動を展開していくことが既定路線となっている。


 すでに『ハルチカ』の番宣でバラエティ出演が急増しており、今まであまり拝めなかった彼女の「生の姿」を目にする機会が多くなった。さらにグラビア露出も増加しており、ファンにとっては嬉しいかぎり。だが、それと同時に彼女のスタイルの変化がネット上のファンの間でたびたび話題になるようになった。


 話題の発端となったのは著しい「巨乳化」。2月末から3月頭にかけて、橋本は「週刊ヤングマガジン」「週刊少年マガジン」(ともに講談社)の表紙&巻頭グラビアに相次いで登場。いずれも高校卒業にちなんで「高校最後の制服姿」を披露している。


 さらにキャミソールやタンクトップで胸の谷間をのぞかせて大人の一面を見せているのだが、ネット発の「奇跡の一枚」でブレイクした当時に比べてバストサイズは明らかに巨大化。推定Eカップ以上はあろうかという大きさだ。


 これが「巨乳化までしたらもう欠点がない」「橋本環奈さんが爆乳化で無敵のアイドルに」「むっちり具合が最高」などとネット上で話題になった。その一方で「ちょっと成長しすぎでは」「もうちょっと細かったころの方が好き」「少女っぽい体型が好きだったのに」といった声もあり、賛否両論を巻き起こしている。


「橋本はグループ内で『ちっちゃいけど態度はデカイw』というキャッチコピーで活動していましたが、その言葉通りに身長152センチと小柄。『天使すぎるアイドル』としてブレイクした当時は、人形のような小さい美少女というイメージでした。それだけに僅かな体型の変化でも目立ってしまう部分がある。しかし、世の大半の男性は『むっちり』タイプが大好物ですから、むしろ現在の成長ぶりは大歓迎。ですが、一部ファンは美少女アイドルとして華奢なイメージのままでいてほしいという願望を持っており、それが賛否両論につながっているようです」(アイドルライター)


 さらに、バラエティ出演が増加したことで論争は拡大。ネット上では「もっとむっちりになってほしい」「今くらいがベストだから現状維持で」「もう少し細い方がいい」と意見が割れ、三つ巴の争いの様相を呈している。


「今後はソロで本腰を入れて女優業を活発化させる予定ですから、そうなれば番宣をかねてグラビアを披露する機会も増える。当然ながら『水着解禁』が期待されますが、むっちり化は水着グラビアでは大きな武器になります。最近は人気女優の写真集リリースが急増しており、そういった作品は『痩せすぎで色気を感じない』と不評を買うこともありますが、それとは一線を画した『むっちり写真集』が期待できる。むっちり体型になっても目を見張るような美少女ぶりはまったく変わっていませんし、体型の変化を生かした路線に進んでいくのが得策でしょう」(前同)


 今年7月には人気コミックを実写化した映画『銀魂』にメインキャストのひとりとして出演することが決定しており、これからは今まで通学の関係で難しかった連続ドラマへの出演も可能になる。体型の変化がこれほど話題になるのは人気の証明ともいえるが、むっちり体型&巨乳化で魅力がさらに高まったことで今まで以上の大活躍は確実といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「橋本環奈」をもっと詳しく

「橋本環奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ