ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、最後の冬開催閉幕で各賞発表

3月10日(日)22時39分 マイナビニュース

北海道・夕張市で行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」が10日にフィナーレを迎え、各賞の発表が行われた。

同映画祭は北海道・夕張市にて行われるリゾート型映画祭で、今年で29回目を迎える。3月7日〜10日、夕張市内5会場で120以上の作品の上映が行われ、延べ来場者数11,699人となった。10日に行われたクロージングセレモニーでは、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門(審査員/白石和彌、マーク・シリング、冨永昌敬、長谷直美)&インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(審査員/久保直樹、沖田修一、安藤桃子)のグランプリほか各賞が発表された。

ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門でグランプリに選ばれたのは、監督・脚本を森田和樹が務める『されど青春の端くれ』で、高校生3人組を描く。また、インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門には中島悠作監督の『極東ゲバゲバ風雲録』が選ばれ、沖田修一監督は「安藤桃子さんが『愛おしい、ぎゅっと抱きしめたい作品!』と、それはもう大絶賛していました。個性的な作品ぞろいでしたが、僕としても中でも飛び抜けた個性で忘れられないものを(グランプリに)選びました」と説明した。

クロージングセレモニーでは、小網敏男・映画祭実行委員長が「126年もの間、石炭と住民たちと共に懐かしい思い出を運んで、この3月で廃線になる鉄道(夕張線)」に対し、「ありがとう」と感謝を述べ、「夏に新たな映画祭が始まる」ことを期待する。深津修一エグゼクティブ・プロデューサーは、夏の開催になる来期について、より会期内のイベントを増やし、「フェス」感覚を強める展望を解説。夕張が「メロンと映画のマチ」として活性化することを望むと語った。
○受賞一覧

■ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門
・グランプリ『されど青春の端くれ』(監督・脚本/森田和樹)
・北海道知事賞『桃源郷的娘』(監督・脚本/太田慶)
・審査員特別賞『赤い原罪』(監督・脚本/ムン・シング)
・優秀芸術賞 『MoonDrops』(監督/ヨーラム・エヴァー・ハダニ)、『5つ目の記憶』(監督/小野寺しん)、『M&A』(監督/宮城伸子)

■インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門
・グランプリ『極東ゲバゲバ風雲録』(監督・脚本/中島悠作)

■ファンタランド大賞 (観客賞)
・グランプリ『いつくしみふかき』
・イベント賞「斎藤工セレクション&アニメワークショップ」
・ゆうばり市民賞「第1回ゆうばり怪獣自主映画まつり」
・人物賞「安井謙太郎」 (ジャニーズJr./『ニート・ニート・ニート』主演)

■シネガーアワード (批評家賞)
・『されど青春の端くれ』(監督・脚本/森田和樹)
○森田和樹監督 受賞コメント

2年前に難病になって入院し、映画作りを辞めようと思ったこともあったが、続けていて良かった……(涙ぐむ)。入院中、天井ばかり見つめていて「これじゃだめだ」と思ったときに構想した物語です。まだ「(高く)評価される」という域には達していないのは分かっています。でも「作りたい!」という「衝動」が審査員の方々に伝わったのはうれしい。これからもっと評価される作品を作っていきたいと思います。(次回支援金は)青春映画が大好きなので、次回作は青春スプラッタを考えています。
○白石和彌 監督コメント

映画としてはまだ未熟な部分もあり、技術的にも高めていく必要はありますが、「映画を撮りたい!」という「衝動」が一番ストレートに伝わってくる力のある作品で、そこを評価しました。審査員全員が「(グランプリなら)この作品だよね」と感じていました。

マイナビニュース

「ゆう」をもっと詳しく

「ゆう」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ