『ポケモン』が一変、『●ナン』風の探偵アニメに!? “ロトム回”もとい“浪川大輔回”の『アニポケSM』17話

3月10日(金)18時0分 おたぽる

テレビ東京・あにてれ『ポケットモンスター サン&ムーン』公式サイトより。

写真を拡大

 前回放送のTVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系/以下『サン&ムーン』)第16話「小さな三匹、大きな冒険!」では、サトシのモクロー、スイレンちゃんのアシマリ、野生ポケモンのニャビーが可愛らしい冒険を繰り広げ、心が癒されました。

 9日放送の第17話「ローラ探偵ロトム!消えたクリスタルの謎!!」では、タイトルの通り、ロトム図鑑が名探偵に……!?

 ある日、ポケモンスクールに登校すると、カプ・コケコから貰った大切な「デンキZ」を失くしたことに気がついたサトシ。最近アローラ地方で放送している探偵ドラマにハマっているロトムは、名探偵のように謎を解決したいと、授業があるサトシの代わりに「デンキZ」を探しにいくことに。助手のピカチュウとともに早速捜査にのりだすが……?

■探偵ラキ(CV:浪川大輔)に憧れるロトム図鑑(CV:浪川大輔)!?

「この事件の犯人は実に頭がいい……」と、『名探偵●ナン』風な事件現場から始まった今話。思わず、『アニポケ』だよね!? とツッコミを入れたくなりましたが、これはアローラで放送している「アローラ探偵ラキ」という大人気TVドラマのワンシーン。熱い視線を送るククイ博士に加え、ロトム図鑑も、どこからともなく持ってきたウィッグを被るほどのハマりようです(笑)。

 そんなロトム、「デンキZ」を失くしたサトシのために「消えたクリスタルの謎は、このアローラ探偵ロトムが解決してみせるロト!」とラキの口調をマネしたり、ウィッグを被って髪をかきあげるマネをしたり、超ノリ気。オーキド校長への聞き込み調査により、13話でポケモンパンケーキレースで優勝した校長の取材に来たカメラマンのビデオに手がかりがあるとふんだロトム。そこに映っていた映像から、先日、サトシとカキがバトルの練習を終えた後、握手をした際にカキに「デンキZ」を手渡してしまったのではないかと(迷)推理をします。

 その後、リーリエちゃんの指摘により、なんとサトシは「デンキZ」をポケットに入れていたことが判明。どうやら、そのまま忘れていて、ククイ博士と家で「アローラ探偵ラキ」を見た後、寝る前にポケットから取り出して机に置いたそう。結局、サトシの「デンキZ」は、カキくんが持っていたわけでも、サトシのポケットに入っていたわけでもなく、ロトム図鑑が被っていたラキのウィッグに引っかかっていた……というオチでした。

 というわけで、今話は“ロトム回”だけに、元々おしゃべりなロトムがしゃべることしゃべること! しかも、ロトムがファンになった探偵ラキの声がロトムと一緒(たぶん)!  EDクレジットに名前はありませんでしたが、ネット上でも多くの声が上がっていたように、声質から察するに中の人はきっと浪川大輔さんでしょう。……ということは、ロトム図鑑(CV:浪川大輔)がラキ(CV:浪川大輔)に憧れてマネをしている=浪川大輔が浪川大輔のマネをしているという、“ロトム回”であり、“浪川回”でもあったわけです。ラキが金髪ロン毛だったのも、浪川さんが演じるキャラっぽいなぁ……と思ったのは私だけでしょうか?

 そういえば、ED後のCパートでは、図鑑機能を拡張してあっさり手に入れたビデオカメラ機能でククイ博士のシャワーシーンを撮影しようとしていたロトム。ネット上では「そこはもっと撮影してもいいんだよ」「ロトム図鑑もっとやれ!!!!!」という声が続出していました……(笑)。

■ギャグ要員と化したカキくん

 一方、「デンキZ」を失くしてカプ・コケコに怒られると落ち込むサトシに、「カキにも怒られるよ。大切なクリスタルを失くしたって知ったら……」「終わったね、サトシの人生」と、クラスメイトからディスられるほど、怒りキャラが定着してしまったカキくん。ロトムには「この事件の犯人はアナタです!」からまさかの疑いをかけられるし、失くした張本人のサトシからも「そうだったのか……」と疑いの目を向けられ、「わけがわからないいいいい!!!」と頭を抱え声を荒げたくなる気持ちもよくわかるよ……。

 怒り心頭のカキくんは、「おまえかぁあああぁ〜〜〜!!!」と顔だけじゃなく、体まで真っ赤にして『遊☆●☆王』ばりの顔芸を披露しながら逃げるロトムを追走していました……。サトシは、「わりー、ロトム。俺すっかり忘れてて……」ってちっとも悪気がなさそうだったし、カキくんにも「ごめんね」くらい言ってくれてもいいのにね……(呆れ)。カキくん、すっかりギャグキャラになっているような……。

 その後、罪滅ぼし(?)なのか、ロトムからは、新しく手に入れたビデオカメラ機能で技の練習風景を撮影、さらに編集した映像を見せてもらい、「技の練習に役立ちそうだ!」と満足気でした。ギャグキャラかつ、可哀想ポジションのカキくんが報われる日がきますように……。

 いつにも増してギャグ要素が多かった今回ですが、次週はみなさんお待ちかねのマオちゃん回です! 調べてみたところ脚本を担当するのは、おそらく『アニポケ』シリーズ初参加、そして『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ』『ハロー!!きんいろモザイク』など、深夜アニメでご活躍されている関根アユミさんとのこと! 『アニポケ』でどんなお話を見せてくれるのか、来週も楽しみです。

おたぽる

「浪川大輔」をもっと詳しく

「浪川大輔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ