坂上二郎 都はるみや小柳ルミ子ほか美女を次々脱がしていた

3月10日(木)18時39分 NEWSポストセブン

 萩本欽一とコンビを組み、コント55号で人気を呼んだコメディアンで俳優の坂上二郎さんが10日、脳梗塞の再発により亡くなった。76才だった。坂上さんといえば、1969年に『コント55号! 裏番組をブッ飛ばせ!!』が裏番組NHKの『天と地と』の視聴率を抜いたことでも話題となった。その最大の要因が、番組内で放映された野球拳だった——。(週刊ポスト1990年4月6日号より)


 * * *

『コント55号! 裏番組をブッ飛ばせ!!』(日本テレビ系)には、センレツなミリョクがあった。


「野球〜す〜るなら、こういう具合にしやしゃんせ!」


 欽ちゃんが音頭を取り、坂上二郎さんとゲストの女性タレントが、野球拳のリズムに乗って対戦。ジャンケンで負けたほうが、身につけているものを一枚ずつさも恥ずかしそうに、脱いでいく。おまけに、女性タレントから剥ぎ取った戦利品は、会場でセリにかけられて売られたのだ!


 ストリップと下着フェティシズムを茶の間で楽しめるなんて、こんな楽しいことが果たしてあっていいのだろうかと、一瞬、誰もが戸惑ったものだが、


「アウト! セーフ! ヨヨイノヨイ!」


 このフレーズだけは、会場でも茶の間でも、阪神ファンの熱烈応援なみに、大合唱したものだ。


 東映女優の桑原幸子は最後のビキニまで売りとばされ、ショーツ一枚に剥かれた小川ローザは、最後の一戦に負けて、嬌声とともにステージにひれ伏した。


 こうして、都はるみ小柳ルミ子など、いずれ劣らぬ当時の美女たちが、とても明るい色気をふりまいて、楽しそうに脱がされていった。

NEWSポストセブン

「都はるみ」をもっと詳しく

「都はるみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ