低学年での学級崩壊 親の過干渉で「かまってほしい子」増加

3月10日(土)16時0分 NEWSポストセブン

小学校低学年の学級崩壊のメカニズムとは

写真を拡大

 中学・高校でグレた不良たちが授業を妨害する──。そんな光景は、実は減りつつあり、逆に増えているのが、小学校、しかも低学年での学級崩壊だ。


 文科省の発表(昨年10月)によると、中学・高校では、「暴力行為」の発生件数がここ数年減少しているのに対し、小学校では急増。とくに低学年での増加が著しく、小学2年生では2006年度の238件から、2016年度で2584件と、実に10倍以上になっている。


 小学2年生のいじめ認知件数は4万5868件と、小学1年生〜高校3年生までのなかで最多。次いで小3、小1といずれも小学校の低学年に多いことがわかる。白梅学園大学教授で、学級崩壊に詳しい増田修治さんが解説する。


「小学校高学年や中学、高校の学級崩壊は、自立心の芽生えや、規則やルールへの反骨心、思春期特有の感情の起伏などから先生の言うことを聞かなくなって起きます。


 一方、小学校低学年の学級崩壊はそれとはまったく違うメカニズムで起こります。原因は、児童たちの『先生にかまってほしい』という気持ちです。たとえば授業中、児童の1人がおしゃべりしたりふざけたりすると、先生はすぐにその子を注意します。すると、行儀よくしていた他の子が、“私も先生の言うことを聞かなければ、かまってもらえるんだ”と思ってしまう。先生への“反抗”ではなく、先生の気を引きたいという“甘え”が、結果的に学級崩壊に繋がっていきます」


 学校や親だけではない。子供自身にも原因があることも、問題を複雑にしている。ADHD(注意欠如多動性障害)など、支援が必要な発達障害の子供が増えたことも理由の1つだと指摘する声もある。教員向けの多数の著書を持つ千葉県の公立小教師・城ヶ崎滋雄さんはこう言う。



「中学や高校では、一部に不適切な行動や、授業を妨害するような人がいても、しっかり者の女子生徒がいたり、周囲が同調しなかったりすることで、クラス全体が崩壊するということは少ない。しかし、小学校低学年の場合はクラスの1割が勝手なことをし始めると、連鎖的に落ち着きのなさが広がっていきます。先生が注意しても、そもそも先生の気を引くことが目的なので、火に油を注ぐことにもなりかねない。


 さらに言うと、昔の教育現場では“ヤンチャで手がかかる低学年の子は、適切な指導を繰り返すことでやがて高学年になったら落ち着くだろう”という大らかさというか、穏やかさがありました。しかし、最近の先生は真面目で、低学年の頃でも落ち着きのない子をつきっきりで面倒を見ます。そうすると、放っておかれるのはクラスの大半の大人しい子たちで、彼らも“学校はおもしろくない”となって、荒れていく。悪循環になっているんです」


 かまってほしい子供が増えている理由は、親と子の関係の変化だという。


「親が子供に『過干渉』になったことで、子供が家の外でも誰かに頼ったり、甘えたり、かまってもらうことが当たり前だと思うようになりました。昔は子供が多く、きょうだいなど上の子が下の子を見てくれるだろうと、ある程度、親は子供を放っておきましたよ。それは必然的に子供が自立心を持って行動できるように育つことに繋がっていました。でも今は一人っ子も多いですし、親がつきっきりでかまってくれるのに慣れた子が増えた」(前出・増田さん)


 対策が急務だ。


※女性セブン2018年3月22日号

NEWSポストセブン

「学級崩壊」をもっと詳しく

「学級崩壊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ