『いぬやしき』チョッコー役の本郷奏多、実写版のクオリティに驚き「『GANTZ』の映像をさらに超えてきた!」

3月11日(日)16時57分 映画ランドNEWS

映画『いぬやしき』新宿プレミアムイベントが11日、都内・新宿シネシティ広場にて行われ、キャストの木梨憲武佐藤健本郷奏多二階堂ふみ三吉彩花、監督の佐藤信介が登壇した。


いぬやしき


原作のファンでアニメ版に引き続きチョッコーこと安堂直行を演じる本郷。完成した『いぬやしき』を鑑賞して「圧倒的な映像技術で、ましてや普段よく来る新宿の街並みで闘っているシーンは本当にすごくて感動しました!」と絶賛。


いぬやしき


さらに、実写『GANTZ』2部作でも佐藤監督とタッグを組んでおり、「『GANTZ』の映像をさらに超えてきたなと!」と映像技術に驚いていた。佐藤監督は「今回は人間がロボットになっている。なので、CGで人間を作ることを今回やっています。日本映画では初めてだと思います。もう等身大の人間がCGで存在している感じですね」とコメント。


いぬやしき


最先端の映像技術の中で演じた木梨は「実際にやっているのかCGなのか、その境がわからなくて。『あ〜俺いま結構いい演技してるな』と思ったら、監督が『そこCGです!』って(笑)もう僕のデータがCG男優として存在していて、声を入れるだけで佐藤監督が作れる状態」と明かす。佐藤も「もし続編がある時は、我々が稼働しなくても、いつの間にか作品が完成してると思います(笑)」と映像技術に驚いていた。





「GANTZ」などで知られる奥浩哉の同名コミックを実写映画化した本作。うだつの上がらない初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎が、謎の事故に巻き込まれ、身体の中が未知の機械化してしまい、様々な能力に目覚めていく。犬屋敷と同じく事故で能力を得た高校生・獅子神皓は悪事に手を染めていき、やがて自分に敵対する総ての人間を殲滅するため動き出す。物語は、獅子神によって危機的状況に陥ってしまった日本を救うべく史上最弱の心優しきヒーロー・犬屋敷が立ち上がるさまが描かれる。


主人公・犬屋敷壱郎を木梨憲武が、悪事に手を染めていく獅子神皓を佐藤健がそれぞれ演じるほか、チョッコーこと安堂直行役に本郷奏多、渡辺しおん役に二階堂ふみ、三吉彩花、福崎那由他、濱田マリ、斉藤由貴、映画オリジナルキャラクター・萩原刑事を伊勢谷友介が演じる。監督を『GANTZ』の佐藤信介が務める。


映画『いぬやしき』は4月20日(金)より全国東宝系にて公開


(C)2018「いぬやしき」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「いぬ」をもっと詳しく

「いぬ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ