MCU21作連続No.1の快挙達成!『キャプテン・マーベル』全米初登場第1位の大ヒットスタート

3月11日(月)21時13分 映画ランドNEWS

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』が全米で公開され、オープニング3日間の興行収入1億5300万ドル(約169憶8000万円)で初登場第1位の大ヒットスタートを切った。



Carol Danvers\/Captain Marvel (Brie Larson)

Photo: Chuck Zlotnick

\u00a9Marvel Studios 2019","created_timestamp":"1526665396","copyright":"","focal_length":"0","iso":"0","shutter_speed":"0","title":"","orientation":"1"}" data-image-title="キャプテン・マーベル" data-image-description="" data-medium-file="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/acc27e9422a25a03896c0e3b643a68e5.jpg?fit=300%2C189&ssl=1" data-large-file="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/acc27e9422a25a03896c0e3b643a68e5.jpg?fit=600%2C379&ssl=1" class="aligncenter size-full wp-image-97371" src="https://i2.wp.com/eigaland.com/wordpress/wp-content/uploads/2019/03/acc27e9422a25a03896c0e3b643a68e5.jpg?resize=696%2C439&ssl=1" alt="キャプテン・マーベル" width="696" height="439" data-recalc-dims="1" />


この『キャプテン・マーベル』の1位スタートで、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品は、21作全てがオープニング1位スタートという快挙を達成。同時に、『キャプテン・マーベル』は、2019年公開作で初のオープニング1億ドル(約111億円)を突破した本年のオープニングNo.1作品にもなった。


世界興収では、オープニング歴代6位、女性主人公の映画では2017年公開の『美女と野獣』を抜き1位に、ヒーロー映画では2018年に公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に次ぐ第2位という偉業を成し遂げた。(※興収はすべてBOX OFFICE MOJO調べ、1ドル=111円換算)


ついに全米公開を迎え、大ヒットのオープニング成績で幕を開けた本作。そんな大ヒットを裏付けるかのように、海外メディアからは作品を絶賛する声が相次いでいる。


「強大なパワーを持つことだけがヒーローではない。希望や勇気が合わさったとき、本当の強さを得るキャプテン・マーベルに観客は興奮するだろう」(Los Angeles Times/Kenneth Turan)「この映画には希望がすべて詰まっていた。今までのMCU作品とは全く違った、ユニークで斬新なストーリー!」(we live entertainment/Scott Menzel)「はっきり言ってすべてが最高!彼女はユーモアがあって負けず嫌い、かつてない魅力的なキャラクターだ。」(Entertainment Tonight/Ash Crossan)と、MCUを更なる高みへ導く作品としてまさにマーベル史上最強のヒーローの圧倒的な力の差を見せつけたキャプテン・マーベル。一体どれほどの力を秘めているのか、3月15日(金)の日本公開への期待が高まる。



映画『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)より全国公開


(C)Marvel Studios 2018


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「大ヒット」をもっと詳しく

「大ヒット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ