大谷翔平、今オフの大リーグ行きに難問 米コミッショナーが明かした条件

3月11日(土)11時0分 J-CASTニュース

ケガのうえに大リーグ行きに条件変更が重なった大谷翔平の前途は(2017年1月撮影)

写真を拡大

今シーズン終了後に大リーグ移籍とみられる日本ハム、大谷翔平の前に、思わぬ事態が突きつけられた。

「彼は特別扱いされない」。大リーグコミッショナーの話である。



このままではマイナーとしか契約できない



2017年3月7日のことである。WBC開催に伴って来日した大リーグのマンフレッド・コミッショナーが日本外国特派員協会で講演した際に、大谷の大リーグ行きについて語った。


「大谷が大リーグに移籍するには19年のオフまで待たなければならない」

つまり、あと3シーズンは日本にとどまってプレーする必要がある、というわけである。


大リーグには労使協定があって、外国人の大リーグ移籍について新しい協定ではこんな条件が加わった。米国、カナダ、プエルトリコを除く下記の選手はマイナーとしか契約できない、と。


(1)プロリーグ所属6年未満の選手

(2)25歳未満の選手


13年に日本ハム入りした大谷は大リーグ契約する場合、?の条件は満6年になる18年のオフでクリア。?は1994年7月5日生まれだから19年シーズン中にクリアとなる。



松坂の60億円の時代はもうこないのか



「直接メジャー」にこだわると、大谷のプログラムは大きく狂う。ただし、マイナー契約を飲めばこのオフに米球界に行くことはできる。田中将大ダルビッシュ有らのように、いきなり大リーグ行きはできないというだけの話である。


マイナー契約の場合、契約金や年俸など条件はかなり低い。けれども、いったんマイナーでプレーし、好成績を挙げてメジャー契約すれば、高額契約が取れる。ちょっと時間を置けば、早い時期に大リーグで活躍も可能である。


このへんは代理人の腕にかかっている。


大谷の素質からみれば、マイナー契約など関係なく大リーグのスカウトが手を伸ばすだろう。


日本ハムは移籍金などで目論見が変わってくる。今年のオフに大リーグに行ってくれれば大金が入るところだったかもしれなかったのに、あと3シーズンは大谷に年俸を支払うことになる。今季は3億円近い年俸だが、成績次第では18、19年で計10億円年俸の可能性もある。松坂大輔がレッドソックスに入ったとき、西武に60億円支払われたというような夢のような話はなくなった。


大谷は故障を理由にWBCを辞退した。今はペナントレースを目指して練習中。大リーグコミッショナーの話で、大谷のメジャー挑戦はシーズンが深まるとともに「翔平の決断は、いつ」と騒がしくなるだろう。



(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

J-CASTニュース

「大リーグ」をもっと詳しく

「大リーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ