狩野英孝、3・11に合わせ仙台でライブ 地元への思い熱く...「絶対風化させません」

3月11日(日)16時41分 J-CASTニュース

都内から仙台でライブを行うよう要請したという狩野英孝さん(2017年1月撮影)

写真を拡大

2018年3月11日で、東北地方に甚大な被害をもたらした東日本大震災から7年が経過した。

同日、内陸部に位置し、最大震度7を記録した宮城県栗原市出身の狩野英孝さん(36)がブログを更新し、年月の経過を振り返っている。



11日のため、東京で行うライブを仙台に変更するように要請していた



狩野さんは同日15時にブログを更新し、


「震災から7年ですね。。この時間が、短いか長いか人それぞれですがぼくは、もう7年もだったんだと、いう感覚です。。」

と年月が過ぎる早さに感慨深い様子。



狩野さんは10日、仙台市でお笑い芸人・小島よしおさん(37)とのトークライブを行った。普段都内で行う2人のライブだが、3月11日とタイミングが重なるこの日だけは「地元、仙台でやらせてください」と要請していたとのこと。


東京や関西地方からもライブを観に来た人に感謝を表明している。


ライブの売上は、震災後にお笑いコンビ・サンドウィッチマンが開設し、被災地に寄付金として贈っている「東北魂義援金」口座に振り込むつもりだという。




「宮城県大好き」



狩野さんは前日10日、仙台で時間を過ごしたとのことで、


「本当に綺麗になったな。。美味しいご飯も食べました。宮城の方達とお話しも出来ました。」

とつづる。



また、同日の日刊スポーツにサンドウィッチマンが震災当時などをインタビューで語っており、狩野さんも「東北を盛り上げるためこれからもサンドさんについていきます」とコメントした紙面を写真で紹介している。



狩野さんは「僕たちはあの日の事、忘れません。。絶対、風化させません。。僕なんか、世間から文句やクレームばかり、嫌われ者ですが地元の方々からだけはずっと応援していただいてる気持ち、本当に感謝しています。。その、恩返しを微力ではあるけど返していきます。。宮城県大好き。。。」


とブログを締めくくった。



狩野さんの実家の神社・櫻田山神社は、震災で提灯が倒れるなどの被害があったことを翌日にブログで明かしている。



ともにライブを行った小島さんも同日11時頃、ブログを更新し、「震災から7年 気持ちや想いは必ず届きます 実際に東北に足を運べなくても想いは新幹線よりも早く現地に届くと思います」と想いを述べた。

J-CASTニュース

「狩野英孝」をもっと詳しく

「狩野英孝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ