「新たな乳神」バスト105センチの新人グラドル・うさまりあ、初のイメージDVDにファンの期待高まる

3月11日(土)12時0分 メンズサイゾー

 バスト105センチの大型新人グラドル・うさまりあ(23)が、3月24日に初のイメージDVD『うさマニア』(竹書房)をリリースする。予約段階で早くもグラビアファンの間で「ぽちゃドルの超逸材」と話題となっており、発売に向けて期待が高まっている。


 同作は"うさぴょん"の愛称で知られるうさのファーストイメージ作品となり、ジャケット写真は規格外の105cセンチJカップの爆乳の谷間を全開にした衝撃ショット。さらに裏表紙ではバストがほとんどこぼれてしまっている極小ビキニや下乳が丸出しになった変形水着、大きすぎる胸が収まりきっていない極薄キャミソール、さらにはブラジャーの紐を外して上半身セミヌード状態になるなど過激な内容であることがうかがえる。


 これにネット上のグラビアファンからは「新たな乳神の誕生か」「おっぱいしゅごい」「こういう体つきの子が売れてくれると嬉しい」「顔も可愛くて最高」「おっぱいが揺れてるシーンを見たい」などと期待の声が上がっており、世の"おっぱい星人"たちから熱い視線がそそがれている。


 うさは身長161センチ、スリーサイズ上からB105・W75・H89のぽちゃ体型。そのボディは「圧巻」のひと言であり、男性なら誰もがクギ付けになってしまうこと請け合いだ。Twitterのプロフィール欄では「動けるデ部」と自称し、本人もぽっちゃり系であることを自認しているが、フルマラソンを完走した経験があるほど運動も得意。巨乳好きの男性たちからは「むちむち感がたまらない」「スレンダー系グラドルにはない魅力がある」などと絶賛されている存在だ。


 プロレス好きが高じて天龍源一郎(67)が主宰したプロレス団体「天龍プロジェクト」のイメージガールを務めたことをきっかけに注目度が上昇し、すでに撮影会や雑誌グラビアでも活躍している。


「最近はHカップやIカップの巨乳グラドルが珍しくなくなりましたが、それでも105センチJカップという大きさは稀。『乳神』として人気の爆乳グラドル・柳瀬早紀(28)の100センチIカップを超える大きさです。また、昨今は世間で痩せ型スタイルにあこがれる女性が増えたこともあってグラビア界もスレンダー系が増加していますが、その流れに真っ向から立ち向かう正真正銘のぽちゃ系プロポーション。巨乳マニアだけでなく世の男性の大半はスレンダー系よりもぽっちゃりが好きですから、それが期待の高さにあらわれているのでしょうね」(アイドルライター)


 今年1月には人気ネット番組『妄想マンデー』(AbemaTV)に出演し、ビキニ姿で逆立ちをしながら大開脚するというシーンに「揺れまくってる!」と反響が巻き起こった。まとめサイトなどで「Jカップグラドルの逆立ち大開脚がエロすぎる」などと拡散され、それをきっかけに彼女を知ったという男性ファンも多いようだ。TwitterやInstagramで頻繁に披露されるサービスショットも好評であり、今月8日にもビーチで撮影されたビキニ姿が投稿され、ファンから「セクシーすぎる」「ビールのポスターみたい!」などと絶賛コメントが相次いでいる。


 また、うさは「おじいちゃん好きグラドル」を自称しており、おじいちゃんが好きすぎるあまりに介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格を取ってしまったというほど。「おじさま好き」「枯れ専」を公言するグラドルは珍しくないが、こちらも彼女は「おじいちゃん好き」という他に類のない嗜好で異彩を放っている。


 ボディだけでなくさまざまな意味で規格外の可能性を秘めている彼女。記念すべきファーストイメージ作品でどれほどのインパクトを放ってくれるのか、楽しみにリリースを待ちたい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DVDをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ