錦戸亮主演『トレース』SP動画公開、真野の凄惨な過去も整理

3月11日(月)5時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・関ジャニ∞錦戸亮が主演するフジテレビ系ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(毎週月曜21:00〜)のスペシャルダイジェスト動画がこのほど、公開された。

錦戸演じる科捜研法医研究員・真野が、真実のかけらから、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていくミステリードラマの同作。今回の5分弱の動画では、これまでの事件を振り返るのはもちろん、家族が惨殺されながら不可解なまま捜査が終了した「武蔵野一家殺人事件」をめぐる真野の凄惨な過去についても整理されている。

SNS上などでは、その真犯人について、警視庁刑事部長・壇(千原ジュニア)、真野の唯一の協力者である高校教師・早川(萩原聖人)、さらには第三者か…といった推理合戦が繰り広げられているが、今回の動画を見れば、そんな“トレース評論”に今からでも参加可能だ。

動画の最後には、きょう11日に放送される第10話の見どころも紹介。10話で早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。原田が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子で、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループの1人だったという…。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「錦戸亮」をもっと詳しく

「錦戸亮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ