木村拓哉、馬にまたがり雄たけび! 撮影後は「ありがとねー!」とねぎらう

3月11日(月)4時0分 マイナビニュース

俳優の木村拓哉が出演する映像配信サービス「GYAO!」のテレビCM第4弾となる『コーシン』編(15 秒)、『汝に問う』編(15秒)が、15日より5大都市エリア(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)で放送される。また、新CMの放送に先駆け、「GYAO!」テレビCM特設サイトでは、CMの本編映像2種とメイキング映像が、本日11日より公開される。

『コーシン』編では、出陣を前に甲冑に身を包んだ木村演じる「ギヤ王」が、ピンクのスマホを手に「民の愛する無料動画、その秘密とは・・・」と馬上から語り始めると、「秘密とは?」と家臣たちが詰め寄る。そして、額の宝石から一筋の光線が放たれたのと同時に「更新にあり!」とギヤ王が雄叫びをあげると、「ハハッ! コウシン開始!」と号令をかける家臣。即座に精鋭部隊の兵士たちが行進を開始する。ギヤ王は「そっちのコーシン(行進)じゃないですよ〜」と呼び戻そうとするが、時すでに遅し。城壁を出た兵士たちは、前線へ向けて大行進を続ける。

『汝に問う』編では、玉座から立ち上がり、マントを翻すギヤ王が、雷鳴をものともせず、ピンクのスマホを持ちながら家臣たちに問いかける。「我、汝に問う。有料の動画と無料の動画、どっちが好き?」、「更新される無料動画と更新されない無料動画は?」、「更新される面白い無料動画と更新されない・・・」とまくしたてるように次々と二者択一を迫る「ギヤ王」の詰問に、家臣たちは「もうやめて!」と悲鳴を上げる。

『コーシン』編で、木村がまたがっているのは本物の馬、「ボレロ」号(9歳)。たくさんの照明と撮影用カメラのレンズ、大勢の撮影スタッフの視線が向けられ、さらに演出用のスモークが炊かれる中での撮影となったが、「ボレロ」号は暴れることもなく終始おとなしく、順調に撮影を進めることができた。予定よりこのシーンの撮影時間を短縮できてスタッフは大喜び。木村も撮影を終えた「ボレロ」号に、「ありがとねー!」と胴にポンポンと触れ、労をねぎらっていた。

マイナビニュース

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ