実は“BL好き”のオカリナに腐女子おこ!? 宮迫×ファラオのBLドラマに「テレビでナマモノやめて」…

3月11日(金)21時0分 おたぽる

『天才バカボン ~家族の絆』公式サイトより。

写真を拡大

 11日放送の特別ドラマ『天才バカボン 〜家族の絆』(日本テレビ系)で、バカボンを演じるお笑い芸人・おかずクラブオカリナが、“BL好き”を告白。これに「親近感湧く!」という腐女子の声もあるが、「地上波でBLはやめて」と不快感を示す腐女子も多い。

 10日放送の『アメトーーク!』に、「今年が大事芸人2016」として出演したオカリナは、番組中「男同士の恋愛が好き」と告白。「勝利をした後に抱きあう感じとか……」と好きなシチュエーションも明かしたのだが、これに「有名な番組でBLとか堂々と出すのはやめて」という声が上がっている。

「腐女子の間には、“BLはひっそりと楽しむモノ”で、“版権モノなら公式の目に触れてはならない”などという共通認識があります。なので、カメラの前でBL好きを公言したオカリナに不快な思いを抱く腐女子がいたのだと思います」(腐女子ライター)

 そんなオカリナは、腐女子であることを公言しただけでなく、番組MCの雨上がり決死隊宮迫博之と馬鹿よ貴方はの平井ファラオ光を指名し、“BL実演”をお願い。「私、同級生が好きなんですよ。ファラオさんが宮迫さんをずっと好きなんですけど、(その気持ちを)出せないという感じを出してもらいたい」「ずっと好きで、隠し続けていたんだけど、ある瞬間に(宮迫が)気づく。でも『俺友だちだと思っていたけど嫌な気分じゃないぜ』みたいな……」と、細かくシチュエーションも指定した。

「実演された宮迫×ファラオのBLドラマに『キュンとしません?』と大興奮のオカリナでしたが、これには『テレビでナマモノやめろ』『地上波でnmmn妄想はキツい』とドン引きする声がありますね。というのも、実在の人物を題材にした“ナマモノ”は腐女子の間ではかなりデリケートに扱われているジャンル。“公式に知られてはならない”というルールが、アニメやマンガジャンル以上に厳格化されているんです。過去に、ダウンタウンの目の前で、松本人志と浜田雅功のBL妄想を語ったタレントの吉木りさが、同様の理由で大炎上しています」(同)

 オカリナ演出のBLドラマには「人選はいい」「また偏見が生まれるな」などさまざまな声が上がっているが、宮迫とファラオの恋愛が成就した瞬間、BLアニメ『純情ロマンチカ3』の主題歌「Innocent Graffiti」が流れたことについては、「BGMが純ロマでテンション上がった」「スタッフ万能かよ」という声が上がっているようだ。

おたぽる

「オカリナ」をもっと詳しく

「オカリナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ