津波で車がコンビニに突っ込み生き延びた被災者 訪れてお礼

3月11日(日)16時0分 NEWSポストセブン

震災から1年、被災した宮城・名取市のコンビニの今(右は昨年3月)

写真を拡大

 何事もなかったかのように、とはいわない。しかし、1年前とは明らかに違う“動”の気配が写し出されていた。それは、生きるということへの強い思い——「3.11」から1年、被災した場所はいまどうなっているのか。


 2011年3月の東日本大震災当時、宮城県名取市閖上のローソンには津波に流された車がガラスを突き破り、3台も店内に流れ込んだ。


 2011年12月に新装され(写真は2月)、1台の車の持ち主が「この店に流されたおかげで、生き延びることができた」と礼に訪れたという。


撮影■渡辺利博


※女性セブン2012年3月22日号

NEWSポストセブン

「津波」をもっと詳しく

「津波」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ