BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

石原さとみ“ガッズィーラ”も大爆死!「シン・ゴジラ」が欧州で売り上げ91万円

アサ芸プラス3月12日(日)9時59分
画像:石原さとみ“ガッズィーラ”も大爆死!「シン・ゴジラ」が欧州で売り上げ91万円

「ガッズィーラ!」

 石原さとみのエキセントリックな英語も話題となるなど、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」。国内では興収82億円を売り上げ、日本が誇る“世界的モンスター”に新たな生命を吹き込んだことも評価されたのか、5日に発表された日本アカデミー賞では本命といわれた「怒り」を抑え、作品賞や監督賞など主要部門を独占。合計で7部門を獲得するに至った。

 配給会社も出演者もホクホクといったところだが、実は日本での大ヒットに隠れる形でかなり残念な話もあるという。世界的に名の通っているこの“シン・ゴジラ”が、海外で予想以上の大爆死を繰り返しているというのだ。

「今作は、日本の国防をテーマにしたとてもドメスティックな作品でした。会話も多く翻訳もしづらかったでしょうし、それだけに海外でウケるかどうか半信半疑だった人も多かった。それでもゴジラの知名度と海外でも人気の『エヴァンゲリオン』の庵野秀明監督ということもあり、海外配給も順調にいったと聞いていたのですが‥‥」(映画専門誌ライター)

 しかし、フタを開ければ台湾、香港といったアジアで不発、北米では大規模ではない都市型興行だったが、ランキングで初登場19位も翌週から36位⇒59位と急降下。最終的に興収も約2億1000万円程度と、話題にすら上らなかった。さらにゴジラになじみの薄いヨーロッパではスペインで何とか公開にこぎつけたが、なんと約91万円という残念すぎる売り上げ。つまり、ほとんど話題になっていない。だからといって国内での評価が下がるわけではないが、「国防を怪獣を使ってでしか説明できないのは幼稚」など、欧米では辛らつな意見も少なくなかっただけに、やはりテーマがウケなかったことは間違いない。

「ハリウッド大作も同じくですが、ここ最近の大作映画は中国を筆頭にアジアでヒットさせなければ儲けが出ないとさえ言われています。ところが、『シン・ゴジラ』の惨敗は実写邦画の未来を暗くするのではと関係者が顔をしかめていますね。欧州でこそコケましたが、『君の名は。』が中国で約95億円を売り上げアニメの強さを見せつけただけによけいです。国内だけでしか稼げないなら、実写邦画で予算をかけていいものを作ろうという空気にはならないというわけです」(前出・映画専門誌ライター)

 国内で低予算のスイーツ映画ばかりが量産される理由でもあるが、こん身の巻き舌を駆使した石原さとみの“ゴジライングリッシュ”を持ってしても、実写邦画の海外進出は今後も困難を極めそうだ‥‥。

(水谷とおる)

関連記事:石原さとみの「ルー英語」のせい?「シン・ゴジラ」がアメリカで公開も大不評 http://www.asagei.com/excerpt/68485

copyright(c)TOKUMA SHOTEN@All Rights Reserved

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「シン・ゴジラ」をもっと詳しく

シン・ゴジラに関するまとめ
注目ニュース
関口宏 闘病妻のために決断した“世田谷御殿”解体売却 女性自身4月30日(日)16時0分
「関口宏さんのご自宅が、取り壊されてしまったんです。長年この地の“顔”だった方なので、みなさん驚かれていますよ」(近所の住人)『関口宏の東…[ 記事全文 ]
キンタロー。「旦那は既読スルー」衝撃の全裸 ナリナリドットコム4月30日(日)10時18分
お笑い芸人のキンタロー。(35歳)が4月29日、自身のブログやSNSで、“ハリウッド進出系写真”を披露。[ 記事全文 ]
双子俳優・高木万平&心平、芸能界引退を発表 「桜蘭高校ホスト部」などに出演 モデルプレス4月30日(日)12時41分
【高木万平・高木心平/モデルプレス=4月30日】双子の俳優・高木万平(31)と高木心平(31)が30日、芸能界引退を発表した。[ 記事全文 ]
「ワイスピ」最重要映像放送されず 野村周平「1番いいとこカットされてるやんけ!」 J-CASTニュース4月30日(日)15時6分
「ありえない」「クソ編集、放送する意味無し」—。2017年4月28日、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で放送された「ワイルド・スピ…[ 記事全文 ]
キングコング西野が激怒、テレビ収録中に途中退席 日刊スポーツ4月29日(土)17時29分
お笑いコンビ、キングコングの西野亮広(36)が、取材を受けた情報番組のディレクターの態度に不快感を覚え、収録途中で帰ったことを明かした。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 キングコング西野が激怒、テレビ収録中に途中退席日刊スポーツ4月29日(土)17時29分
2 関口宏 闘病妻のために決断した“世田谷御殿”解体売却女性自身4月30日(日)16時0分
3 大渕愛子を完全抹消!「行列のできる法律相談所」の席の配置が露骨すぎるアサ芸プラス4月29日(土)17時58分
4 キンタロー。「旦那は既読スルー」衝撃の全裸ナリナリドットコム4月30日(日)10時18分
5 松嶋菜々子「女の勲章」爆死で業界から「主演NG」が発令!?アサ芸プラス4月29日(土)17時59分
6 双子俳優・高木万平&心平、芸能界引退を発表 「桜蘭高校ホスト部」などに出演モデルプレス4月30日(日)12時41分
7 小林麻央4日ぶりブログ更新「ママは約束し続ける」日刊スポーツ4月29日(土)12時3分
8 「ワイスピ」最重要映像放送されず 野村周平「1番いいとこカットされてるやんけ!」J-CASTニュース4月30日(日)15時6分
9 坂上忍「トーク番組」収録中にケンちゃんこと「宮脇健」と“ガチ喧嘩”の理由アサ芸プラス4月30日(日)9時57分
10 峯岸みなみ、パラサイト宣言でAKB48崩壊を危惧する声 “2世タレントのクオリティ”で卒業後は茨の道?おたぽる4月29日(土)9時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア