長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』主題歌決定&90秒予告解禁

3月12日(火)5時0分 クランクイン!

映画『コンフィデンスマンJP』メインカット(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

写真を拡大

 女優の長澤まさみ、俳優の東出昌大小日向文世が共演する映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌が、4人組ピアノPOPバンド、Official髭男dismの最新楽曲「Pretender」に決定。併せて主題歌を使用した、竹内結子江口洋介ほか豪華キャストが勢ぞろいする90秒予告編も解禁された。 本作は、2018年4月期に放送されたフジテレビ月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画化。信用詐欺師(コンフィデンスマン)であるダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)の次なるターゲットは、香港マフィアの女帝でその冷酷さから<氷姫>という異名をもつラン・リウ(竹内)。彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランがなかなかエサに食いつかず苦戦する中、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)が現れ、同じくランを狙っていることが分かる。そして以前ダー子たちにだまされ恨みを持つ日本のヤクザ・赤星(江口)の影もちらつき始め…。

 予告映像は、ダー子が「カジノの銀行、空っぽにしたれ〜!」とハイテンションに叫ぶシーンからスタート。伝説のダイヤをだまし取る計画を立て、香港に渡った3人の姿に続き、女帝ラン・リウ、天才詐欺師ジェシー、3人の命を狙うヤクザが次々と登場。次いで、ミディアムナンバーの楽曲「Pretender」が流れる中、ダー子とジェシーの秘められたロマンスが映し出され、ダー子、ボクちゃん、ジェシーそれぞれのあふれ出る想いが交錯する姿が描かれる。

 その後、「目に見えるものが真実とは限らない」というナレーションの後、「裏切りの連鎖」「渦巻く愛憎」「究極の復讐劇」などの言葉が挟み込まれる中、江口洋介、石黒賢、佐藤隆太、竹内結子、小池徹平、前田敦子ら豪華キャスト陣が緊迫感あふれる映像で次々と登場。「好きなんだよ、お前が!」と言うボクちゃん、振り返るダー子。最後にダー子が「みんな、まんまとだまされたでしょ」と言い放つ姿で映像は幕を閉じる。

 長澤は主題歌「Pretender」について「恋愛の刹那的な感情を感じられる素敵な楽曲だなと思いました」と感想を語り、「ふわっと清々しい恋の歌でした」とも。一方、ドラマに続き、初めて映画の主題歌も担当するOfficial髭男dismは「苦悩と幸せが交錯する、そんな不思議で綺麗な曲が映画『コンフィデンスマンJP』とのコラボで生まれた事が本当に嬉しいです」とコメントを寄せている。

 映画『コンフィデンスマンJP』は5月17日より全国公開。

クランクイン!

「コンフィデンスマンJP」をもっと詳しく

「コンフィデンスマンJP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ