菅田将暉、「3年A組」打ち上げで号泣

3月12日(火)4時52分 ナリナリドットコム

俳優の菅田将暉(26歳)が、3月11日に放送されたラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演。3月10日に最終回を迎えた連続ドラマ「3年A組−今から皆さんは、人質です−」(日本テレビ系)について語った。

ドラマの放送が終わり、この日の菅田はドラマの登場人物・柊一颯に語りかけたり、ドラマの中で使われた印象的なセリフ「Let's think.(レッツ・シンク)」を使うなど、開放的な雰囲気を感じさせる進行。

菅田は、今回のドラマについて、初めて企画の初歩の段階から主演という立場で携わり、第1話の放送後はライブ感を感じつつ、社会と繋がるためにドラマを作ってきたと述懐。教師という役柄だったが、教えれば教えるほど学ぶことが多かったと振り返った。

また、菅田は、最終回が放映された日はドラマの打ち上げの日でもあり、皆で最終話を一緒に見たと語り、生徒たちから寄せ書きを書いた色紙を渡され、「ベッタベタな展開で申し訳ないですけれど、号泣。家に帰って飾ろうと思いました」と話した。

ナリナリドットコム

「菅田将暉」をもっと詳しく

「菅田将暉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ