「キャプテン・マーベル」OP興収が500億円突破

3月12日(火)1時27分 ナリナリドットコム

ブリー・ラーソン主演作「キャプテン・マーベル」が、世界全体で4億5500万ドル(約500億円)ものオープニング興行収入を記録した。

3月15日に日本での公開を控える同作は、北米を除いた海外でのオープニング興行収入だけでも3億200万ドル(約350億円)を記録し、歴代5位、スーパーヒーロー映画で2位という大ヒットになっている。

一方でブリーは以前、「キャプテン・マーベル」が多様性に関する世界的な議論に一石を投じることになれればとしていた。

「自分ができることをやっているだけ。私の経験や体通してね。だから、私がスクリーンに登場することに大きな意味があるの。一人では物語全体を話すことはできないけど、その一部ならできる。もっと小規模な映画だったらどうなるかは分からないけど、このような映画なら世界的に広い範囲での議論となりえる。この映画にたくさんの要素があることに感謝しているわ」
「もし作品を楽しみたいだけなら、それもできる。でも、友人や家族で話し合う価値がある要素がたくさんあるの。こんな風に多文化で世界的な議論になると、新しく映画のメタファーのベールを通して、新しい方法でより深い価値が明らかになり、理解もできるかもしれない」

ナリナリドットコム

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ