何度も大津波にあった三陸沿岸地域“命てんでんこ”の考え

3月12日(月)11時0分 NEWSポストセブン

三陸地方に根づく自己防災の意識(写真/アフロ)

写真を拡大

 三陸海岸に面する岩手県宮古市。その津軽石川近くに、園児54人が通う宮古市立津軽石保育所があった。2011年3月11日、14時46分。


 それはちょうど、子供たちの昼寝の時間が終わる直前のことだった。ゴーッという地響きとともに体を突き上げるような揺れが園舎を襲った。寝ていた子供たちは悲鳴をあげて飛び起きる。「地震だ!」。


 尋常ではない激震。横揺れがさらに激しさを増し、波打つ床に体が揺さぶられる。このとき、所長の坂本静枝さん(66才)は即座に判断した。


「津波がくる。急いで山へ!」


 この2日前の3月9日も、宮古市ではマグニチュード7.3、震度5弱の地震が発生していた。ところが心配された津波は数十cm。被害もなく報道も途絶え、「またいつもの地震」と誰もがそう思っていた。


 だが坂本さんが気になっていたのは9日の地震で見た海の引き波。嫌な予感が頭から離れなかった。


「1週間は注意しようと思いました。そこで、普段お昼寝のときは寝間着に着替えさせて寝かせるのが保育所の方針ですが、子供が各々にすぐ逃げられるよう衣服を着せたまま寝かせていたんです。外気温はマイナス。もしあのとき寝間着だったら、子供の着替えに翻弄され間に合わなかったかもしれません」(坂本さん)


 過去何度も大津波(明治29年、明治三陸地震による津波は、高さ30mを超す大津波。昭和8年、昭和三陸地震では、約29mの津波が押し寄せた)に見舞われた三陸沿岸地域には「命てんでんこ(命は各々で)」という考えが浸透している。


「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災。大人がいなくても、子供たちが自らの判断で逃げられる訓練を重ねてきた。



「命てんでんこ」の教えは、三陸沿岸に暮らす子供の間に浸透していた。毎月1回、必ず行う防災訓練では、地震、火事、津波とさまざまな災害を想定し、避難ルートを多数準備。繰り返し行うことで子供たちの体に覚えさせた。


「地震後、校舎に集合し、ご近所のかたの『すぐに逃げろ!』という声に、一斉に高台を目指しました。0〜2才児は、保育士が背負って、その他の子供たちは皆、徒歩や駆け足で山を登りました。山道の先には、すでに近くの小学校の児童たちが歩いていて、後ろを振り返ると、河岸の堤防を乗り越えた海水と泥土が、一気に町をのみ込むのが見えました」(坂本さん)


 迫り来るどす黒い水と火災。さらに冷たい雪が降りはじめ、寒さで疲労が加速する。そんな過酷な状況の中で、大人の誰もが驚かされたのが、子供たちの冷静さだったという。


「山には園児や小学校の生徒300人ほどの子供がいたのですが、パニックの子や泣いている子供は1人としていませんでした。先生がたが指示するわけでもなく、年長の子供は自らの意思で幼い子の手を引き励まし、小さな子供は訓練通りに自らの足で懸命に山を登っていました。子供たちの冷静さが何よりの救いでした」(坂本さん)


 岩手県内353か所の保育所で、震災時に保育中だった園児はおよそ2万人。職員含め、犠牲者はゼロ。命てんでんこの教えは確かな形で実を結んでいた。


※女性セブン2018年3月22日号

NEWSポストセブン

「津波」をもっと詳しく

「津波」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ