IKKO、スタッフに「また仕事をしたい」と思わせる気配り力

3月12日(火)16時0分 NEWSポストセブン

気配りの人、IKKO

写真を拡大

「とにかく気配り力がすごい」──業界関係者の間でそう驚かれるのが美容家のIKKOだ。先日、ドラマ『3年A組 —今から皆さんは、人質です—』(日本テレビ系)の現場で主演の菅田将暉が、豚汁作りを早朝の仕込みから手伝うなど気遣いを見せたことが報じられたが、気配り力を持つ芸能人は菅田だけではないようだ。


 IKKOは番組の共演者に対しては、直筆の手紙と自分自身が使って良かったものやおいしかったものを楽屋に届けることで知られるが、贈る相手は芸能人だけではなく、その日の番組に登場する専門家なども含まれる。


 以前、コメンテーターとして番組に出演していたことがある編集者は、「私のような者に挨拶をしてくれる芸能人など皆無です。番組のアシスタントのグラビアアイドルは『誰この人?』と思いながらも楽屋まで挨拶に来てくれますが、まさかIKKOさんがお手紙とプレゼントをくれるとは…」と語る。


 また、IKKOは、広告業界からも貴重な存在だという。過去にIKKOが登場した商品発表会に携わったPRスタッフはこう語る。


「クライアントの偉い人や広告代理店の部長のような人に丁寧なのはもちろんのこと、私のような現場の若手にも同様な態度で接してくれます。私の仕事はいかにたくさんのメディア露出をするかが評価のポイントなのですが、IKKOさんは、その点で最高なのです」


 日々行われている企業の商品発表会に登場する芸能人は、必ずしもCMに出演しているタレントばかりではない。最近は商品の世界観や特徴に合った人物をその日限りの「アンバサダー」として商品をPRしてもらうケースも多いのだ。


 取材に訪れる記者からすれば、業界記者を除けばその商品を紹介するのは二の次で、あくまでも芸能人の写真を撮りつつ、何か「おいしい」発言を引き出すことを狙いとしている。だからこそ、最近の恋愛事情を質問したり、話題になったニュースのネタをふったりするのだ。


 記事のタイトルとしては、例えば「女優・○○、逮捕された俳優・××について『あってはならないことだと思います』」といったものになる。ここには商品名は一切登場しないため、主催者たる企業とPRのスタッフとしては忸怩たるものがある。前出のPRスタッフはこう語る。



「正直メディアの関心が芸能人本人と、その人のプライベートに関することや、世間を騒がせたニュースへのコメントにあるのは分かっています。でも、本音は少しでも商品の情報や連想させる要素がタイトルにも入っていてほしい。IKKOさんはそうなるよう、工夫をしてくれるのです。そこまでのサービス精神を持った人は滅多にいないです」


 このスタッフが過去に担当した商品は、ヘアケア商品でキャッチコピーは「瞬密」、すなわち「瞬間密着」がウリだった。つけると髪の毛がなめらかになるという。IKKOは事あるごとに「しゅんみつ〜」と発言に商品の売りを混ぜ込むとともに、「美のポイント」を聞かれても「しゅんみつ〜!」と言った。さらには、恋愛についても「瞬密したい〜!」と記者の質問の文脈に沿いつつも商品PRをぶち込んでくる。しかも、「IKKO、恋愛について聞かれ『瞬密したい〜』」という若干お色気感の漂うタイトルの記事ができるため、記者にとっても有難い。


 こうした気配りを全方位に対してできるIKKOだからこそ、このPRスタッフとその上に立つ広告代理店のスタッフからは「何かあったらIKKOさんにまた頼みたいね」という声が上がっているという。

NEWSポストセブン

「IKKO」をもっと詳しく

「IKKO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ