カンニング竹山、わざと「眼鏡のレンズに指紋をつける」行為にブチ切れ!

3月12日(土)14時45分 Techinsight

カンニング竹山にとって眼鏡は「臓器の一部」

写真を拡大


夫の言動が原因でイライラすることがあっても直接伝えず、“プチ復讐”をする主婦たちがいる。たとえば自宅で夕食を用意しているのにもかかわらず、遅い時間に「食事は済ませてきた」と酔って帰宅した夫。腹を立てた妻は、浴室に直行した夫がシャワーを浴びている最中に、給湯器のスイッチをOFFにして素知らぬ顔をしているというものだ。「冷たい!」と夫が叫んでいることで妻は気が晴れるらしい。

3月11日放送のフジテレビ系『ノンストップ!』では、妻の“プチ復讐”を特集した。男性ゲストのカンニング竹山井戸田潤スピードワゴン)は怒りの原因を言わずに、夫が気付かない程度の“プチ復讐”をする意味がわからないと困惑気味。一方で女性ゲストの千秋や大神いずみは、“プチ復讐”で妻の怒りが収まるなら可愛いもの…と余裕の表情だ。

そんな竹山が声を荒らげたのは、眼鏡が手放せない男性からの投書だった。寝る前に丁寧にレンズを拭いても、いつも起床すると指紋でベッタリと汚れているという。どう考えても妻の仕業なのだが、理由が分からず困っているという相談だった。

すると竹山は「やめろ! 一番ダメだよ」と大声をあげ、“自分がこんなことをされたら離婚問題になる”と険しい顔をする。さらに、眼鏡をかけている人は指紋がレンズに付くのが一番嫌なのだと主張し、眼鏡を使っていない人にも理解を求めた。だが大神が「レンズが汚れたなら拭けばいい」と何がそんなに嫌なのか理解できないでいると、「このレンズは大神さんの瞳と同じなんですよ!」「僕にとっては臓器の一部」だと竹山は必死に訴えたのだ。確かに自分の体の一部が、勝手にベタベタ触られるのは許し難い行為であろう。

同番組を見ていたと思われるツイッターユーザーからは、「メガネの人って、メガネに何かすると本気で怒る」と真に迫るつぶやきをしている。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

「カンニング竹山」をもっと詳しく

「カンニング竹山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ