羽生結弦監修の「LINEスタンプ」発売にファンの評判は?

3月13日(水)7時15分 アサジョ

 フィギュアスケート界で人気、実力ともに世界一の羽生結弦選手。ついにというべきか、ようやくというべきか。彼のLINEスタンプが登場した。

 LINEでは毎年、売り上げを緊急災害支援や世界の子ども支援のために寄付するドネーションスタンプを販売している。東日本大震災から8年となる2019年は「羽生結弦 3.11 SMILEスタンプ」を企画。3月7日から4月11日の期間限定で販売を開始したのだ。

「この企画は、羽生選手監修。羽生選手が選んだスタンプの写真絵柄は大会の名シーンや試合前後のカットなど、全部で24種類あります。“ありがとうございました”“ごめんね”など、実際のシーンとシンクロした言葉の入ったものから、“忘れない3.11”や“共に前へ”“少しずつ苦しみ超えて”など、震災の被害者を慮ったものも入っています。羽生選手のオンパレードに、ファンは大喜びですよ」(女性誌記者)

 発売初日である3月7日の朝11時、ファンの間では「もうダウンロードした?」が合言葉のように飛び交ったそうだ。

「ファンの声を見ていると、LINEスタンプは無料しか使ったことがなく、今回が初めての有料スタンプであることや、LINEする相手がいないからせっかくのスタンプが送れないなどという声も上がっており、年齢層が高い羽生ファンもしっかり反応しているようです」(前出・女性誌記者)

 スタンプの売り上げは全額、災害復興支援特別基金に寄付される。賞金や優勝お祝い金、写真集の印税などの寄付に続き、ここでも羽生選手が東日本大震災からの復興に、大きく貢献することになりそうだ。

(芝公子)

アサジョ

「スタンプ」をもっと詳しく

「スタンプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ