「G.I.ジョー」続編に韓国興奮、イ・ビョンホンら初のプレミア実施。

3月13日(水)0時16分 ナリナリドットコム

2009年夏、全世界で3億ドルの大ヒットを記録したアクション超大作「G.I.ジョー」。その続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」は初代“G.I.ジョー”ことブルース・ウィリスを新たに迎え、イ・ビョンホンと初めての共演を果たしているが、そのイ・ビョンホンの故郷韓国で3月11日、初となるプレミアイベントが実施された。

この日のイベントには、ストームシャドーのコスチュームを意識した白いジャケット姿のイ・ビョンホンのほか、ドウェイン・ジョンソン、エイドリアンヌ・パリッキ、D.J.コトローナ、さらにジョン・チュウ監督らが登場。さらに、日本でもおなじみの東方神起・チャンミン、少女時代のヒョヨン、ソヒョン、ティファニーなどもお祝いに駆けつけ、会場は大盛り上がりとなった。

マスコミ・ファン総勢2,000名以上が集まった会場はハリウッドに負けない熱気に包まれ、イ・ビョンホンもファンたちのサインに快く応じるなど大サービスで会場のボルテージはMAXに。イ・ビョンホンの挨拶ではあまりの盛り上がりに「まるで僕が主演のように歓迎されているけど、、、」と謙虚なコメントをすると、共演したドウェイン・ジョンソンは「いやいや、きみこそ、この映画の主役。それだけスゴい活躍だよ」とフォロー。チームワークの良さを見せつけていた。

また、イ・ビョンホンは日本について「先日、『王になった男』で久々に日本に行きました。空港に始まり、プロモーションの行く先々で、みなさんの温かい歓迎を受け、たくさんのパワーをもらいました。本当にうれしかったです。『G.I.ジョー バック2リベンジ』も今すぐに日本の方に観てもらいたいけど、もう少し待って欲しい。また日本で会えることを楽しみにしています」とコメント。

ドウェイン・ジョンソンは「昨年の夏、日本に行ったとき、多くのレスラーと会ったんだ。彼らにはまた会いたいね!日本は大好きさ!」、ジョン・チュウ監督は「(日本語で)ありがとうございます!」「今回は、彼(イ・ビョンホン)の六つに割れた腹筋を見るいいチャンスだよ!」とそれぞれコメントした。

なお、キャストたちによる世界プロモーションツアーはこの後、ロンドン・ロサンゼルスなどと続いていく。

「G.I.ジョー バック2リベンジ」は6月8日(土)全国3D&2D公開。

ナリナリドットコム

「イ・ビョンホン」をもっと詳しく

「イ・ビョンホン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ