二階幹事長 東京で「小池支持」、大阪で「松井不支持」の狙い

3月13日(水)16時0分 NEWSポストセブン

権力闘争になると血が騒ぐ?(時事通信フォト)

写真を拡大

「東京と大阪で言うことが違う。二階さん、どうしちゃったんだろう……」。自民党内部でそんな声が上がっている。


 来年の東京都知事選を巡って、二階俊博・幹事長が小池百合子・都知事の再選に「全面的に協力する」と発言。小池氏と対立する自民党東京都連から猛反発を食うも、「他に勝てる人がいるのか」と言い放った。


 一方、大阪維新の会代表の松井一郎・大阪府知事と吉村洋文・市長が入れ替わって立候補するクロス選挙に対しては「思い上がり」と批判し、維新と対立する自民党大阪府連に肩入れしている。


 この“ダブルスタンダード”について、全国紙政治部記者はこう語る。


「二階さんが意識しているのは菅義偉・官房長官です。大阪都構想に関して、維新は公明党との間で交わした住民投票実施の密約を暴露するなど、大バトルを繰り広げており、二階さんは菅さんが後ろ盾となっている維新を批判して公明党の肩を持った。東京では、菅さんが“反小池”を展開するのに対して、“小池支持”を表明し、これまた菅さんの逆目を張ったのです」


 新潟、山梨の知事選の指揮をとって2連勝の二階氏は「“小池がイヤなら勝てる候補を立ててみればいい。菅は選挙に負けっ放しではないか”と痛烈な言い方をしていた」(自民党中堅議員)とも。


 二階氏が警戒しているのは、菅氏が次の内閣改造で幹事長就任に意欲を見せることだという。


「二階さんは“オレの方が選挙に強く、選挙マシンの公明党とのパイプも太い”と先手を取って菅氏にマウンティングして見せた」(同前)


 老獪な2人、上に乗るのは一体どっちか。


※週刊ポスト2019年3月22日号

NEWSポストセブン

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ