『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!

3月14日(水)10時55分 AOLニュース



『ブラックパンサー』が先週末、公開4週目(日本公開日は3月1日)にして世界興行収入10億ドル(約1,068億円)を突破した。ライアン・クーグラーが監督を務めたブラックパンサーはわずか公開26日目で10億ドルの興行収入を達成。これは別にレースというわけではないが、過去にこのような早いペースで10億ドルに達した映画はわずか11作品しかない。3月12日の時点で、『ブラックパンサー』は世界で10億7,861万5,601ドル(約1,152億円)の興行収入を稼ぎ出し、まだ止まる所を知らない。

「Variety」によると、『ブラックパンサー』は、史上33番目に総計10億ドルを達成したとのことだ。ディズニー映画では16番目、そしてマーベル映画では『アベンジャーズ』、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』、『アイアンマン3』、『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に続く5番目だという。

「Quartz」が10億ドルを達成した映画のリストと達成期間について発表している。ブラックパンサーより上位のランキング結果は下記のとおり。

・『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(12日)

・『ジュラシック・ワールド』 (13日)

・『ワイルド・スピード SKY MISSION』(17日)

・『ワイルド・スピード ICE BREAK』(19日)

・『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(19日)

・『アバター』(19日)

・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(19日)

・『アベンジャーズ』(19日)

・『アイアンマン3』(22日)

・『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』(24日)

・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(24日)

・『ブラックパンサー』(26日)

(映画名と10億ドルまでの達成日数)

『ブラックパンサー』は29日目で10億ドルに達した『美女と野獣』をわずかに追い抜いた。『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の12日という記録を打ち破るのはそう簡単ではなさそうだ。だがもしかしたら、4月27日に日本公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が5月初旬にも上記リストのトップに踊り出るかもしれない。楽しみに待つこととしよう。

■参照リンク

AOLニュース

「興行収入」をもっと詳しく

「興行収入」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ