みうらじゅんといとうせいこうに「ポスト・バナナマン」の声

3月14日(火)5時59分 アサ芸プラス

 3月9日、イラストレーターやゆるキャラ評論家などで知られているみうらじゅんと作家でタレントのいとうせいこうがWOWOWのドキュメンタリー作品「ノンフィクションW SACRED〜いのちへの讃歌」の実況・副音声版の公開収録に登場し、話題になっている。

 2人が参加した番組は「人はなぜ祈るのか?」という普遍的で重厚な内容の作品。みうらはすかさず副音声の仕事をアナウンサーならぬ「副音サー」と名付け、内容と自分たちのキャラの違いを「“副音サー”としてハードルが高かった」と嘆いた。

「この2人が硬派な内容の副音声を担当することに業界内では“ポスト・バナナマン”と言われています。というのも、年末恒例の『NHK紅白歌合戦』は、お笑いコンビ・バナナマンの2人が副音声を担当するようになってから『本編より副音声が面白い』と注目されるようになりました。みうらは『興味がないってことは、好き嫌いとは別。そこを“副音サー”がどうにかしたい。興味がないっていうのは好きになる最高のチャンスなんで』とコメントしていましたが、まさにその通り。みうらはまったく注目度の低かった“ゆるキャラ”に早くから着目し、現在の認知度にまでに高めた手腕がありますからね。いとうと組んで敷居の高い硬派番組の“副音サー”をすれば、これまでは硬派番組に振り向かなった層まで取り込むことができそうです」(週刊誌記者)

 みうらといとうによる、とっつきやすくゆるい副音声に期待したい。

アサ芸プラス

「ポスト」をもっと詳しく

「ポスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ