上白石萌音の「初主演連ドラ」がまったく話題にならないワケ

3月14日(火)5時59分 アサ芸プラス

 現在放送中の深夜ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」(TBS系)で主演している上白石萌音。大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」でヒロイン三葉の声優を務めていることは知られているが、上白石にとってこれが「初連ドラ主演」なのに、不思議なほど話題になっていない。

「これはまったく上白石のせいじゃありません。このドラマは同名漫画が原作で、グルメ漫画の一種です。しかし“調理の楽しさ”に重点を置いた内容で食事シーンが出てこないんです。すべて食前食後しか描かれていません。これをドラマでやってしまうと視聴者には欲求不満ばかり溜まってしまいます。“夜食テロ”という言葉まで生み出した深夜枠でのグルメドラマは、『深夜食堂』(TBS系)や『孤独のグルメ』(テレビ東京系)のように、登場人物がおいしそうに料理を食べるシーンがあってこそ、視聴者はカタルシスを感じられるというもの。いくら“食事シーンがまったく出てこない新感覚グルメドラマ”と銘打たれても、カタルシスを感じられないドラマを誰が見るでしょうか。演技も歌もうまい上白石のムダ使いですよ」(テレビ誌ライター)

 台所に立って調理をする上白石からは、近い将来NHKの朝ドラヒロインに抜擢されそうな「正しい女優」の雰囲気も。今後の活躍に期待したい。

アサ芸プラス

「上白石萌音」をもっと詳しく

「上白石萌音」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ