支離滅裂なロック・バカたちが主人公、カルト的人気を誇る『スパイナル・タップ』日本初公開

3月14日(水)19時0分 映画ランドNEWS

架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着、当時隆盛を極めていたハード・ロック/ヘヴィ・メタル文化や音楽を風刺したカルト的人気を誇るロック・モキュメンタリー『スパイナル・タップ』が6月16日(土)より日本初公開されることがわかった。


スパイナル・タップ


本作は、『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』『ミザリー』などで知られるロブ・ライナー監督が1984年に製作した初監督作品。


スパイナル・タップ


「スパイナル・タップ」は1960年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。歴代ドラマーが自然発火やステージで爆死など意味不明な死因で死んでしまったり、楽屋からステージまでの導線を忘れてしまいコンサート直前に迷子になってしまうなど、メンバー全員がやることなすこと支離滅裂なロック・バカだ。そんな彼らの全米ツアーに映画監督のマーティ・ディ・ベルギーが密着。自身の愛するロックバンドの裏側をあますことなく捉えた究極のロック・ドキュメンタリーを作り上げる。


映画『スパイナル・タップ』は6月16日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開


©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「初公開」をもっと詳しく

「初公開」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ