大島麻衣、ギャル風JKショット公開! バリバリの現役感にファンも驚き

3月14日(水)16時0分 メンズサイゾー

 元AKB48でタレントの大島麻衣(30)が、「まだまだイケる」と話題になっている。


 13日、大島は「#JKぶった」「#大人ぶりっこ」などのハッシュタグと共に1枚の画像をInstagramにアップ。タグにあるように、白いシャツに白いニットベストを合わせて胸元にリボンをあしらったJK姿で、ウェーブのかかった髪の色が明るく、ギャルっぽい雰囲気も感じさせるショットだ。


 これにネット上のファンから、「マジで可愛い」「アラサー女子高生、最高です」「現役感ハンパない」「マジで昔の写真かと思った」といった驚きと絶賛の声が続出。大島はカメラアプリ「SNOW」で加工していることを明かしているが、あっという間に4000件以上の「いいね!」を記録することになった。


 久々のJK姿でファンを刺激した大島は、AKB48の1期生としても有名。AKB48の結成は2005年12月で、大島は当時17歳ということになる。バリバリの現役女子高生であり、今回の画像を目にした往年のファンの中には、初々しいアイドル時代を思い出した人も多いようだ。


 AKB48を創成期から支える大島は、グループの人気上昇と共にバラエティでも活躍。AKB48がバラエティに出演する場合には、番組MCの隣に位置取り、メンバーに話を振る裏回し的な役割を担った。AKB48の冠バラエティでもMCを担当し、2007年に『NHK紅白歌合戦』の初出場が決まった際、記者会見でメンバーを代表して意気込みを語ったのも大島だ。


 トーク担当とはいえビジュアル人気も高いタイプで、グループ在籍時にはほぼすべてのシングルで選抜メンバーに選出。グラビア活動にも積極的で、2008年にはビキニショット満載のファーストソロ写真集『勉強させていただきました!』(ワニブックス)を発売した。


 当時、公表していたスリーサイズは上からB89・W58・H84(cm)で、推定Dカップの胸は「アイドル界屈指の美巨乳」と評判を呼んだ大島。今でこそグループアイドルのグラビア進出は当たり前になっているが、AKB48の初期メンバーでグラビア界でも活躍した大島は、その先駆けと言えそうだ。


 グループ卒業後の大島は、テレビを中心に活動。人気バラエティ『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の準レギュラーを務めるなど、明るいおバカキャラでさまざまな番組を盛り上げてきた。しかし「ぶりっ子」と言われることも多く、そのイメージが影響したのか、ここ数年はメジャー舞台で見かけることが少なくなっている。


 今回のように、SNSの画像が話題を呼んだのも久々のこと。JK姿が可愛いと絶賛された彼女には、ビジュアルを押し出した活動にも期待したいところだが...。

メンズサイゾー

「大島麻衣」をもっと詳しく

「大島麻衣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ