ボウイ妻が56億円の遺産を相続、2人の子どもはそれぞれ28億円ずつ。

3月14日(月)8時41分 ナリナリドットコム

デヴィッド・ボウイの妻イマン・アブドゥルマジドは、5000万ドル(約56億円)の遺産を受け取ることになるようだ。

1月にがんで他界したボウイと24年間の結婚生活を送っていたイマンは、マンハッタンにあるマンションなどを含めたほとんどの物件を相続することになるという。

また、2人の15歳の娘アレクサンドリアは25歳になった時に、そして前妻アンジー・ボウイとの息子であるダンカン・ジョーンズは間もなく、それぞれ2500万ドル(約28億円)ずつを相続する。ほかにもボウイの長年のスタッフなどにも遺産の一部が相続されるようだ。

そんなボウイについて、元コラボレーターのイヴォ・ヴァン・ホーヴェは、マイホームパパであるというボウイが生きるために必死に闘っていたと以前に明かしていた。

「彼が本当に死にたくないんだなということを心から感じたよ。死なないための闘いではなく、生きるための闘いだったんだ」
「そして彼にとって生きるということは本当の家族思いの人間であることだったんだよ。彼は家に帰って、娘と妻、家族といることが大好きだったんだ」

ナリナリドットコム

トピックス

BIGLOBE
トップへ