魚住りえ 独自“スピーチメソッド”培った局アナ時代の苦悩

3月15日(木)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


52歳の若さでこの世を去った有賀さつきさん、貴乃花親方を陰から支える花田景子夫人、3月いっぱいで終了する『あさイチ』の有働由美子アナ——。最近、ニュースでよく耳にする“女子アナ”を取り巻く環境に、身につまされる思いを抱いた読者も多いはず。そこで、年をとるごとに共感度が増す彼女たちの今に接近。そこには、確かに“読者世代のリアル”があった。


「局アナ時代は、朝の情報番組を担当していたので、出社は朝3時、帰宅は午後10時というのがだいたいのルーティンでした。そんな生活が勤務していた10年間、ほぼずっと続いていましたね」


'95年、日本テレビに入社した魚住りえさん(46)。その愛らしい笑顔で一躍人気アナに。しかし実際は、超過密スケジュールの過酷な生活だったと当時を振り返る。


「先輩からも『テレビの世界は、見えているほど気楽な世界じゃないよ』と言われていましたが、『私はテレビには向いていないのでは』と落ち込み反省する、そんな毎日の日々でした」


そして同僚のアナウンサーと結婚をしたことを機に’04年、フリーに転身したが、1年後に破局。


「離婚は落ち込みました。『これからどうなっちゃうんだろう』と不安にもなりましたし。でも、『このまま狭い世界にだけいてはいけない』と思って、外に出るようにしたんです」


そんなとき、人生を一変させる出会いが訪れる。


「今では私の親友なんですが、ある会でたまたま出会った女性が、顔の広い方で、私にいろいろな人を紹介してくれました。実業家、会社員、OL、自営業の方と本当に職種もさまざま。みんな、私の『アナウンサー』という肩書に関係なく接してくれるのです。話している内容も、私が聞いたことのない話ばかり。みんな、自分の価値観をしっかり持っていて、生き生きとして見えました」


自分が悩みもがいていたことが、実はとても小さな世界のなかでのことだったと気づき、衝撃を受けたという。


「この新しい出会いは、まるで『ひよこが殻を破って外の世界に出た!』かのように、私の人生を変えました。彼らと交流を続けているうちに、『私も自分にしかできないことを、今までとは違う世界で挑戦してみたい』と考えるようになったんです。そしていろいろ考えた末、『私にはやっぱりアナウンサーの経験を生かしたノウハウしかない』と。そこで、これまでに声や話し方を研究し、実践してきた蓄積や、私がこれまでにしてきた失敗例などをまとめて、『魚住式スピーチメソッド』の原型を作ったんです」


現在のご主人に出会ったのはそんなとき。優しい性格に引かれ、40歳で再婚。


「結婚後、メソッドの本も出版できましたし、スクールの仕事も順調に拡大。主人はどんなときも精神的に支えてくれています」


最良の伴侶を得た魚住さんだが、すべてが順風満帆ではないという。それは結婚後しばらくしてから始めた不妊治療。思うようにいかず、昨年、体調を崩したことで、現在はいったん休止している。


「不妊治療は本当につらいです。でも、私が確立したメソッドを私たちの子どものように考え、社会で広がるように育てていくのが使命という考え方もあるのかなと、今は主人と話しているんです」

女性自身

「魚住りえ」をもっと詳しく

「魚住りえ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ