“薄幸女優“蓮佛美沙子、ウェディングドレス姿で魅せた! 「幸せになってほしい」の声多数

3月15日(火)10時0分 メンズサイゾー

 本日15日に最終話が放送される連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)。遠藤憲一(54)と渡部篤郎(47)がダブル主演を務める同作は、ヒロイン・蓮佛美沙子(24)の恋人を遠藤が演じ、彼女の父に渡部が扮するホームコメディだ。


 遠藤が蓮佛にプロポーズしたところから始まったこのドラマ。同い年設定の遠藤と渡部のユーモラスな対立が最大の見どころとなっているが、蓮佛の兄の"女装癖"や祖父の"女好き"などにスポットを当てたエピソードもあり、視聴者からは「笑いの中に家族の絆がしっかり描かれている」と好評だ。


 そんな中、終始マジメで人柄の良い中年男性を演じているのが遠藤。彼もまた自身の隠し子騒動などで周囲を翻弄するが、真っ直ぐな性格で次々と壁を乗り越え、蓮佛との愛を育んできた。最終話は、ついにふたりが結婚への道を本格的に歩み出すが...という内容。14日には公式サイト上で、蓮佛のウェディングドレス姿が公開され、多くのドラマファンから可愛らしさを絶賛するコメントが寄せられた。


 純白ドレスを身にまとった蓮佛は、「これまでの道のりは長かったなと思って感慨深かったです」とコメント。遠藤には「親みたいな気持ち」と言われ、「『彼氏としての立場じゃないんだ!』と思いました」と笑顔で語っており、撮影現場もドラマの内容と変わらない和気あいあいとした雰囲気に包まれていたようだ。


 そんな蓮佛に対して、ネット上のファンからは「とにかく笑顔が可愛い」「このドラマで一気に華やかになった気がする」「こんな純粋な子と付き合いたい」などの声が。ドラマでは、遠藤に一途な思いを寄せる"リケジョ"を演じているが、その飾り気のないキャラクターに好印象を抱く人は多い。


「クリッとした瞳が印象的で可愛らしい雰囲気のある蓮佛さんですが、これまでのキャリアを見ると、純朴な少女からヤンキーまでこなしており、まさに役柄によって顔を変えてきた。ただ、幅広い役を演じてきたことが影響しているのか、実力派として評価されながらも控えめな印象もあった。昨年1月クールに放送された柴咲コウさん(34)主演の連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)に出演した際には、『圧倒的美人ではないが気になるタイプ』といった声が上がっていました。


 そんな蓮佛さんにはミステリアスな魅力を感じる人も多く、ネット上では『薄幸女優』などと呼ばれることもあります。ただ、今回のドラマでは、不器用でも一生懸命な中年男に惹かれるピュアな女子を演じている。彼女のキャラクターには理屈っぽいところもあって、全体的にテンションも高め。そんな蓮佛さんには『何かイメージが違う』との指摘もありますが、多くのファンは『幸せになってほしい』とハッピーエンドを願っています」(ネットライター)


 好感度の高いキャラを演じて人気を集める蓮佛だが、ネット上には「ブサカワ」との声もあるようだ。


「ブサカワと聞くとネガティブなイメージもありますが、『愛嬌』や『可愛げ』のある女性を示すことが多く好意的な意味も強い。女優の多部未華子さん(27)などが、その代表的な存在と言われますが、ネット人気の高さは多くの人が認めるところでしょう。もちろん、蓮佛さんに対しても"いい意味"で使われています。今回のドラマの彼女には親近感を覚える人も多く、それがブサカワイメージにつながっているようです。まあ、本人たちにとっては複雑なところかもしれませんが...」(前同)


 今回、蓮佛は華やかなウェディングドレス姿で話題を集めているが、それは遠藤と同じように"親みたいな"な気持ちになった視聴者が多かったからなのかもしれない。いずれにしろ、今夜の最終話では視聴者を虜にする笑顔を浮かべてくれることだろう。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「蓮佛美沙子」をもっと詳しく

「蓮佛美沙子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ