重岡大毅『ストロベリー—』出演 亀梨は「かわいがってくれる」

3月15日(金)5時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が、フジテレビ系ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(4月11日スタート、毎週木曜22:00〜)に出演することが15日、明らかになった。

ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子を二階堂ふみが、姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男を亀梨和也が演じる同作。重岡は、姫川班で最も若手の巡査・大塚真二を演じる。

大塚は誰よりもシャカリキに走り回る体育会系の後輩。ノンキャリアでありながら若くして警部補に昇任した姫川のことを心底尊敬しており、何があっても姫川に付いて行く覚悟を持つ。そのまっすぐな姿勢と人懐っこい性格から、姫川には“一番弟子”としてかわいがられている役柄で、重岡は「体育会系の部分を大事に、あいさつなど、礼儀はピシッとするように意識しています」と話す。

また、現場の雰囲気について、「姫川班のメンバーといると楽しいですね。皆さんが気さくに話しかけてくださってクランクインの日から近い距離感になりました」と報告。「亀梨くんとはガッツリご一緒するのは今回が初めてだったのですが、インの日から一気に話が弾んで。うれしかったのが、亀梨くんが『(初共演なのに)3回目の現場みたいだな!』って言ってくれて。それくらい心の距離を縮めてかわいがってくれますし、監督からも『半年くらいは一緒に行動している班だ』とオーダーがあったのですが、皆さんのおかげでスッと現場に入ることができましたね」と明かした。

他にも、姫川班の“縁の下の力持ち”である巡査部長の石倉保役で宍戸開、石倉から刑事のイロハを学び、地道な捜査に労を惜しまない実直で誠実なタイプの巡査・湯田康平役で中林大樹も出演。宍戸は「リーダーが若い女性刑事なので、たもっつぁんは神輿(みこし)を担ぐつもりで、“仲間の中のおじさん”になれればいいな」、中林は「みんなの心を和ませる、いわばメンバーをうまく息抜きさせる担当。率先して飲み会を計画するような男です」と、役柄について語っている。

マイナビニュース

「重岡大毅」をもっと詳しく

「重岡大毅」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ