後藤真希がキモ過ぎるおかげで“素敵なママ”辻ちゃん爆上がり!

3月15日(金)11時1分 まいじつ


(C)まいじつ



元『モーニング娘。』の〝ゴマキ〟こと後藤真希が、不倫を巡る泥沼裁判の真っただ中にあると、3月14日発売の『週刊文春』で報じられた。


【関連】「そういう手に出たか…」辻希美“整形説”を自虐交じりに否定! ほか


後藤は2014年に結婚し、翌年には第1子の女児を出産。17年には第2子となる男児も出産し、同年のベストマザー賞も獲得する〝良き母〟だった。


しかし同誌によると、昨年初めごろから元恋人の男性と頻繁に連絡を取り合うようになり、ビジネスホテルで二度にわたり肉体関係を持ったとのこと。これを知った夫は元恋人を相手取って損害賠償を請求し、現在も裁判は継続中だという。


後藤は、記事が載る号の発売前日の13日にブログを更新し、《一部週刊誌に関するお詫び》として今回の騒動を謝罪。元恋人との不倫を事実だと認めた上で、夫との話し合いの結果「許しを得た」と夫婦関係を継続することも明らかにしている。



「非常識だけどガンバってる辻ちゃん」


元モー娘のママタレントといえば、俳優の杉浦太陽と結婚して4人の子どもをもうけた辻希美が最も有名。ベストマザー賞受賞の後藤も辻に続くと思われたが、不倫というスキャンダルによって完全にその道は絶たれてしまったと言っていいだろう。


また、モー娘としては、昨年にはOGの吉澤ひとみが飲酒ひき逃げという大犯罪を起こし、懲役2年・執行猶予5年の判決を受けたことが記憶に新しい。そしてこれらの影響から〝ブログ炎上〟の常連である辻の評価が相対的にうなぎ上りしているようだ。


「ご存じのように辻は炎上の常連で、好感度としてはあまり高くない〝嫌われキャラ〟のような位置にいます。しかし、炎上理由はあくまで『行動が非常識』というだけで、未成年喫煙や俳優との不倫を起こした元相方・加護亜依や、後藤・吉澤と違って反社会的な行為はしていません。ましてや、非常識なりに4人の子どもを育てる立派な母であることが、他のOGの不祥事によって強調される形になっています」(芸能記者)


実際、ネット上には、



《散々馬鹿にされてるけど辻が一番まとも》

《デキ婚はしちゃったけど一途に家族のためにガンバってるし》

《辻ちゃんの株上がりまくり。一途だなぁ》

《たたかれてる辻ちゃんの方がよっぽど貞操守って母親しててえらいよね》

《辻ちゃんはたたかれるけどかなり良い奥さんってことをあらためて実感》



などといった声が上がっており、ここへ来てまさかの〝辻再評価〟現象が見られているのだ。


それにしても『LOVEマシーン』の大ヒットから20年、エース的存在だった後藤が〝婚外性交〟にドはまりする母親になるとは…。《恋愛っていつ火がつくのかDYNAMITE♪》と歌っていただけに「さもありなん」ではあるが。



まいじつ

「後藤真希」をもっと詳しく

「後藤真希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ