米大統領と間違われるケヴィン・スペイシー、役柄と混同する人に困惑。

3月15日(日)10時58分 ナリナリドットコム

ケヴィン・スペイシーは、米大統領と思われていることが多々あるそうだ。

人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」でフランク・アンダーウッド大統領役を演じているケヴィンだが、実生活でもその役どころと勘違いしてしまっている人によく遭遇するという。

「僕たちは他人を演じることで生計を成り立ててるってことに気づいていないような質問をされることがよくあるね」
「演じているキャラクターと実際の人間の違いが分からないなんて、どんな世界なんだ? あまりにもセレブというものに執着しすぎて、その違いがなくなっちゃったのか? そうでないことを祈るよ……」
「たまに僕は『フランク・アンダーウッドじゃないよ』って人に思い出させないといけないことがあるんだ。僕はケヴィン・スペイシーって名前の俳優だってね」

またケヴィンは、フランクの持つ“悪の面”が、自分にもあると世間が思うのが理解できないと米紙ニューヨーク・デイリー・ニュースに語っている。

「完全な嘘だよ。リチャード3世を演じるのに僕が殺人を犯したって言っているようなもんじゃないか」


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20150330554.html

ナリナリドットコム

「米大統領」をもっと詳しく

「米大統領」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ