シンプルだけど奥深い、カシオのゲーム電卓が復活

3月15日(木)14時13分 おたくま経済新聞


 1980年代に発売され、一斉を風靡したカシオの「ゲーム電卓」が「ゲーム電卓 SL-880」として復活します。

 この計算機は、数字が見やすい特大表示や税計算機能など現代の電卓にふさわしい機能をそなえながら、1980年代発売のゲーム電卓「MG-880」の数字表示をそのままつかったシューティングゲーム機能も搭載。

 ゲームは右側から攻め込んでくる侵略者の数字に、ビーム砲の数字を合わせることで迎撃していきます。

 「・」キーを押す回数で標的に含まれる数字に合わせ、ビーム砲として「+」キーで発射。ビーム砲台は3基あり、侵略されるごとに1基ずつ減ってゆきます。得点は侵略者を迎撃した位置によって決まり、UFO(撃墜した数字の合計値の末尾が0となるごとに出現※)を撃ち落とすと300点が加算されます。



 古いけれど新しいカシオの「ゲーム電卓 SL-880」は3月23日発売。メーカー希望小売価格はオープン、市場価格予想は2000円前後となっています。

・商品名:ゲーム電卓 SL-880

・桁:10桁

・大きさ:幅70×奥行き118.5×高さ8.5mm

・電源:TWO WAY POWER 太陽電池(内蔵)、リチウム電池(CR2016×1個)

・価格:オープン

・発売日:3月23日

おたくま経済新聞

「ゲーム電卓」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ