深田恭子、主演ドラマ『ダメ恋』が好評のまま終了...“爆死の予感“を完全に覆した理由

3月16日(水)19時0分 メンズサイゾー

 女優の深田恭子(33)が主演した連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率が10.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)だったことが分かった。


 高視聴率といえるほどではないものの、同時間帯に放送されたフジテレビ系の連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の最終回平均視聴率7.9%に完勝。苦戦が目立っている今クールの連ドラの中でも上位の成績となった。さらに毎回のように「深田恭子」「ダメ恋」がSNSのトレンドワード上位に入るなど数字の額面以上に話題になり、深田の再評価につながっている。


 『ダメ恋』が特徴的だったのは、右肩上がりに数字を伸ばしたことだ。最近のドラマは初回が最も視聴率が高く、第二話以降はガクッと落ち込んでしまうことが珍しくない。しかし、同ドラマは初回9.0%から同水準を維持し、徐々にではあるが尻上がりに数字を伸ばした。


 最終回放送後、ネット上では「久しぶりにキュンキュンした」「ダメ恋ロスになっちゃいそう」などと終了を惜しむ声が続出。この好評ぶりの最大の要因は何といっても深田の存在だ。


 劇中、深田は独特の甘えたような声やさまざまなファッションでキュートに振る舞い、これを大多数の視聴者が「可愛すぎる」と絶賛。「ドS上司」役のディーン フジオカ(35)との掛け合いも楽しく、男女ともに深田の愛くるしさに魅了された。


 同作は深田が「職なし、金なし、彼氏なし」で貢ぎ体質というアラサーダメ女役を演じ、スタート前の段階では「無理がある」との批判が多く、特に「男性経験なし」という設定は現実感がないといわれた。ネット上でも「深キョンがダメ女なら私は何なの...」「深田恭子のビジュアルでモテないわけない」とツッコミが殺到し、女性層の反感を買いそうだとの予測も生まれ、大爆死の予感すら漂っていた。


 ところが、放送が始まると前述のように評価が一変。なぜここまで視聴者に受け入れられたのだろうか。


「『ダメ女』という設定は親近感を抱かれやすいのですが、リアルにビジュアルが残念な人が演じてしまうと視聴者の共感を得られない。女性視聴者は主人公に自分を重ねるため、設定はダメ女でも美人でないと夢が壊れてしまうんです。少女マンガの主人公が『ブス』扱いされても見かけは美少女なのと同じ理屈。といっても、美人女優なら誰でもいいわけではない。深田が役柄と同じアラサーでありながら、キュートな魅力を維持しているからできたことです」(女性誌編集者)


 これを裏付けるように、劇中で深田が身に着けていたファッションアイテムが飛ぶように売れているとも報じられた。ぶりっ子系の服装が中心で「ダサカワ」と一部で揶揄されたこともあったが、ネットショップなどで売り切れ続出。まさに女性視聴者が深田に自分を重ねて共感していた証拠といえるだろう。


 一方、男性視聴者を引き付けた理由は何といっても「劣化知らず」の可愛らしさに尽きる。


「もともと『むっちり好き』からの支持が高かった深田ですが、同作ではカラダにぴったりフィットしたニットのセーター姿で巨乳を強調したり、AKB48風の衣装でコスプレを披露したりと魅力全開。30歳から始めたサーフィンの影響もあって若干痩せた印象があったのですが、それによって色気が余計に増した。ドラマの内容は二の次で、深田を愛でるために番組を視聴していた男性は少なくありません」(アイドルライター)


 かつては「恋多き女」として知られ、スキャンダラスなイメージもあった深田。そういったタイプは通常なら女性支持を得にくく、三十代に突入したことで男性人気も落ち込むとみられていた。ところが、その予想を完全に覆して男女ともに非常に好感度の高い存在に。毎年のように写真集をリリースし、セクシーアピールも加速している。


 好評のまま終えたドラマの視聴率と同じく、深田の人気も右肩上がりになっていきそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ