俳優の渡瀬恒彦さんが死去

3月16日(木)8時17分 ナリナリドットコム

俳優の渡瀬恒彦さんが3月14日、多臓器不全のため亡くなった。72歳だった。

渡瀬さんは2015年に体調を崩し、病院で検査を受けたところがんが発覚。闘病しながら、役者の仕事は継続していた。

渡瀬さんは1944年生まれ、島根県出身。1970年に映画「殺し屋人別帳」でデビューし、「仁義なき戦い」シリーズをはじめ映画の世界でキャリアを積み重ね、テレビドラマでも徐々に活躍。「十津川警部」シリーズ、「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼」シリーズや「世直し公務員 ザ・公証人」シリーズ、「おみやさん」シリーズ、「警視庁捜査一課9係」シリーズなど、息の長いシリーズものでも人気を博した。

なお、「警視庁捜査一課9係」シリーズは最新の12シーズンが、今年4月よりスタートする予定。公式サイトに掲載されたコメントで、渡瀬さんは「12年目を迎える『9係』は僕にとって、『やらせてください、やりたいんです!』と言いたい作品。そういう存在です」「『9係』は野際(陽子)さん、里見(浩太朗)さん、伊東(四朗)さんといったベテランの方が出演することをとても楽しみにしてくださる。それが僕にとってもうれしいですね」と意気込んでいた。

私生活では1973年に女優の故・大原麗子さんと結婚し、1978年に離婚。1979年に一般女性と再婚した。兄は俳優の渡哲也(75歳)。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

渡瀬恒彦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ