陰のある男役増えた三浦春馬 “生意気な時期”を経て

3月17日(日)6時0分 女性自身

「『ダイイング・アイ』のようなミステリー作品主演は連続ドラマでは未経験。“バーテンダー”や“記憶喪失”などの設定も初です」



陰のある男を演じることが増えてきた。風貌も大人の渋み増す三浦春馬(28)。3月16日からは東野圭吾原作のドラマ『ダイイング・アイ』(WOWOWプライム・毎週土曜22時〜。第1話無料放送)に主演。夜の世界で働く危険な香りのする男の姿を見せてくれる。



「最初に企画を聞いたときは、いろいろなチャレンジができそうだと思いました。高橋メアリージュンさんとの官能的なシーンもその一つ。裸のまま鎖につながれ部屋を探索……とエッジの利いたストーリー展開は実際に演じてみてすごく面白かったです」(三浦・以下同)



三浦が演じた慎介は、保身と贖罪のはざまで揺れ動く青年。



「(2月まで上演していた)舞台『罪と罰』に続いて人間の苦悩や後悔、嘆きを表現する作品になりましたが、それはたまたま重なっただけです。ただ、僕も今年で29歳。そういう芝居に挑戦させてもらえる年齢になったということなのかな、と。役の幅がどんどん広がっていくことはうれしいです。このヒゲも舞台のために伸ばしたんですが、初めてですね、こんなに長いのは」



役者としての人生を振り返ると、「生意気な時期もあったように思います」と語る。



「先日も、ある俳優さんが“春馬は一時期の俺みたいにすごく尖ろうとしていた”と人に話しているのを聞きましたから(笑)。たぶん当時は気が大きくなっていたんだと思います。いまの自分だったら“そんなことをしても得るものはなかったよ”と言ってあげますよ。周りの人に迷惑をかけたり、お酒を飲んで酔っ払ったり、破壊的な感情からはいいものは生まれないと思います」



最近は自分で作るぬか漬けにハマっているという三浦。



「そのまま食べたり、刻んだ納豆やアボカドを混ぜたり。夜はぬか漬けを食べながら日本酒を飲んで、というのがルーティン。昨日は芽キャベツを買いました。漬けたらおいしいかもしれないと思って(笑)」

女性自身

「三浦春馬」をもっと詳しく

「三浦春馬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ