魔性の女・高岡早紀、インスタで魅せる生々しいエロス!

3月17日(木)10時0分 メンズサイゾー

 芸能界屈指の色気の持ち主として知られ、数々の恋愛スキャンダルから「魔性の女」とも呼ばれる女優・高岡早紀。43歳となった現在でも、ますます美貌に磨きをかけているが、そんな彼女のセクシーな一面が垣間見られるとして人気を集めるのが、公式Instagram(以下、インスタ)だ。


 昨年春にインスタを開設した高岡は、およそ2〜3日に一度のペースで画像をアップしている。家族と自宅でくつろぐ姿や仕事仲間との写真などが豊富で、公私ともに充実していることがよくわかる。だが、中には色っぽさがにじみ出ているショットもあり、これに多くのファンが反応しているのだ。


 今月初めにも、「娘ちゃんの幼稚園行事へお出かけ」とのコメントと共に、ボディラインがくっきり浮かぶ黒のワンピース姿を披露。推定Gカップと言われるバストのカタチも確認でき、「芸術的なおっぱい」「素晴らしすぎる」「まさに完璧ボディ」と絶賛の声が殺到した。


 これまでにも、スッピン風の写真やタンクトップ姿など、生々しいエロスを感じさせる写真をアップしている高岡。ヘアカットのビフォーアフターを報告した画像では、色気のある表情で多くのファンを虜にした。ドレッシーな服装で誘惑するようなポーズをとった画像などもあり、まさに「魔性」といった言葉がぴったりな姿だ。


「今年18歳となる長男をはじめ、3人の子を持つ高岡さんですが、インスタを見る限り、抜群のプロポーションは健在。高岡さんといえば、94年公開の映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』や、その翌年に発売された写真集『one,two,three』(ぶんか社)で惜しげもなくヌード姿を披露しており、往年のファンには当時のイメージがあるためか、『劣化知らず』との声も大きい」(ネットライター)


 脱ぎっぷりのいい女優とも言われる高岡。そんな彼女だからこそ、インスタでの姿に興奮を覚えるファンが多いのかもしれない。その色っぽさは女優業でも大きな武器になりそうだが...。


「高岡さんといえば、10年から内縁関係にあった男性と一女をもうけながら、その後破局したことが伝えられています。さらに、この男性は高岡さんの母名義で会社を設立したものの、倒産させて行方をくらませたと週刊誌で報じられた。この影響は高岡さんにも及び、数千万円単位の借金を肩代わりしているとも言われた。


 そうした状況もあってか、ここ数年は女優業に積極的で、14年の大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)をはじめ、15年の連続ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)や映画『深夜食堂』などのほか、舞台作品にも顔を出しています。


 ただ、女優業が活発化していることをファンは素直に喜んでいますが、『もっとセクシーな役に挑戦してほしい』との声もある。昨年の舞台『NO.9』では、SMAPの稲垣吾郎さん(42)と濃厚なラブシーンを演じて話題になりましたが、ドラマや映画でも刺激的な姿を見せてほしいと願う人は多い。先日まで放送されていた時代劇『ちかえもん』(NHK)では、遊郭の女将という色っぽい役柄でしたが、キャラ的には"肝っ玉かあさん"といった感じで、『期待と違った...』と肩を落としたファンもいました」(芸能ライター)


 変わらぬ美貌と色っぽさでファンを魅了する高岡。インスタでも話題を集める彼女には、ファンの期待にも応えてほしいが...。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高岡早紀をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ