「やっぱりたけしスゴイ」……鉄拳『振り子』誕生の裏にビートたけしがいた!

3月17日(土)7時0分 耳マン

街中で出会うことなんてあり得ないはずの人

ビートたけしが3月いっぱいで所属事務所であるオフィス北野を退社して独立することが判明し、話題となっている。そんななか、パラパラ漫画で知られるお笑い芸人の鉄拳がTwitterでビートたけしとの不思議な縁についてつづった。

7年前、鉄拳がテレビ番組のロケをしていたところ、なんと街中で偶然たけしに遭遇した。当時、芸人としての露出も減りテレビ出演も少なくなっていた鉄拳に、たけしはわざわざ声を掛けてくれたそうだ。その企画がパラパラ漫画を制作するというもの。そのときに番組で作ったパラパラ漫画こそが、鉄拳のブレイクのきっかけとなった名作『振り子』だったという。

不思議な事はあるのである。7年前パラパラ漫画企画で街中でロケをしていたのですが、街中で会う事さえあり得ない、まして、そんなにもうTVに出ていない僕に声をかけてくれたのが、たけしさんでした。嬉しかったし、その時作った振り子が話題になり今に繋がったので、たけしさんには感謝しています。 pic.twitter.com/gX3qzY1QvN

— 鉄拳 (@Tekken_omachi) 2018年3月16日
鉄拳 Twitter

ステキな縁

このエピソードに対して、ユーザーからは「素敵な運命」「巡り合わせはある!」「鉄拳さんだからたけしさんは話しかけたんですよ!」「たけしパワーが炸裂してる」「やっぱりたけしさんってすごいんですね!」「誰かが見てくれているんだね」など驚きの声が多く寄せられた。無名の芸人も大事にするなど多くの逸話を持つビートたけしだが、鉄拳にとっても忘れられない恩人のようだ。

[HEW]

耳マン

「ビートたけし」をもっと詳しく

「ビートたけし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ